文字も心もおどる MOJI artist 浦上秀樹さん - 英語全般 - 専門家プロファイル

伊東 なおみ
ILSランゲージスクール 英語講師および日本語教師
東京都
英語講師および日本語教師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

田中 真由美
田中 真由美
(英語発音スペシャリスト)

閲覧数順 2017年07月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

文字も心もおどる MOJI artist 浦上秀樹さん

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般
ちょっとしたご縁で、先日、MOJI artistの浦上秀樹さんとお会いすることができました。


真剣な表情で実演中の浦上さん@うなぎ大井川さん


浦上さんは、全身の筋肉が徐々に減少していく「遠位型ミオパチー」という難病を21歳の頃に発症しました。現在は残っている顔の筋肉を利用し、口で筆をくわえて「こころ文字」と呼ばれる文字を描いています。「こころ文字」とは、自らの心を投影するメッセージを、ひらがな数文字で漢字一文字の中に組み込み、その漢字に意味を持たせる文字のことだそうです。


たとえば、こちらの「歩」という漢字の中には、ひらがな5文字のメッセージが組み込まれています。
さて、いったいどんなメッセージが潜んでいるのでしょうか?(答えは一番下に)




実演会当日は、運良く浦上さんのすぐ脇で見ることができました。
筆遣いから細かい作業まで、手を使ってでもできないような作業を口だけでこなしてしまいます。
見ているほうの目がしばしばしてきてしまうくらい、繊細な作業です。

第一印象は、、、

「速い!!」

イメージしていたよりも、かなり速いスピードで文字が書き上げられていきます。
この一枚だけでも、15分か20分くらいで完成してしまいました。




そして、筆が進むにつれ、なんとも不思議なことが起こったのです!

見学者の方々が真剣なまなざしで浦上さんの繊細な作業を見守る中、なぜだか急に隣りに居合わせた方と同時に笑いがこみあげてきてしまったのです。

なぜって??

それは、、、

見ていて心から楽しめるから!笑がこみ上げてくるほどに!!

文字が完成に近づくにつれ、なんと!その文字の中にあるひらがな達が踊り始めるんです!!

動き出す、笑いかけてくる、紙面を飛び出して、まるでいたずらっ子のようにかけまわり、見ているものを楽しませてくれるのです!きっと、浦上さんの少年時代はそんな感じだったのでしょうね!?(笑)

キセキを見た瞬間でした!

浦上さんの魂が文字から飛び出してくるようで、躍動感あふれる文字たちが、こちらに向かって笑顔で微笑みかけてくるんです!文字が生きている!笑っているんです!!

とにかく楽しい!!!わくわくして元気をもらいます^^

会場となったうなぎ大井川さんの店内では、同時に浦上さんの作品展も開催中で、浦上さんの描いたが作品が多数展示されていましたが、どの文字も楽しそうに見ている人たちに微笑みかけてくるんです^^

なんとも幸せな、幸福感たっぷりの温かくて不思議な空間でした^^


想像通り、とっても親しみやすくてお茶目だった浦上さん。帰り際にも、「一緒に写真をどうですか?」とおっしゃってくださり、当日のアシスタントの方と3人で冗談を交わしながら一枚パチリ。



次回の浦上さんの個展、イベントは少し先になるようですが、こちらのご自身のブログからも確認していただけると思います:ことばのチカラ☆

機会ありましたら、是非一度浦上さんの個展やイベントに足を運ばれてみてください。
想像力を刺激され、元気をたっぷりもらえますよ^^
素晴らしいアーティストです。

こちらが浦上さんの著書になります:「ひと文字のキセキ」浦上秀樹著 PHP研究所



浦上さん、素晴らしい時間をありがとうございます!
ますますのご活躍をお祈りしています。残暑厳しい毎日ですが、どうか夏バテなさりませんように!
See you real soon!!

最後に、この機会を与えてくださったK先生とA先輩に心からの感謝をお伝えしたいと思います。


答え:「なしとげる」
 |  コラム一覧 |