上口唇短縮(鼻下切開)で理想とされる術式とは? - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

上口唇短縮(鼻下切開)で理想とされる術式とは?

- good

現在では傷跡が目立たないようにするために、
口内を切開して上口唇短縮できないかの研究を行っている医師もいるようです。

しかし、口内から行うことは短縮度はそれなりになってはしまうかもしれません。

どの程度短縮するのかは行ってみないとわからないでしょう。

上口唇を大きく短縮したいのであれば、
裏表から併用することによって大きく変化が出るでしょう。

それも、研究が進めなければかなわないことですが・・・。

リスクとしては、赤唇の裏返りと厚み問題点となるでしょう。
そこをどうにか綺麗に出来る術式が開発されるのを待つことしか出来ません。

鼻下が短くなることによって、品が出るでしょう。
現在よりも更に女性らしく綺麗になります。

美容整形は次々と新しい術式が出てきます。
リスクも少しずつ軽減し傷跡の状態なども改善されつつあります。

しかしいまだに失敗は多いのです。
形成外科の医師をご選択になさることが大切になるでしょう。

上口唇短縮・鼻下切開の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |