つかれたから、○にます。 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

つかれたから、○にます。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
こんばんは。

自殺。
自殺。
自殺。

結局、STAP細胞があるのかないのか、自分で責任を取れる人はいない、ということですよね。

人に言われたから、推薦人になった、論文を監修したことにした。
批判されたから、入院した、弁護士を雇った、自分の人生を幕引きした。

このSTAP細胞問題から、私たちが学ぶことはたくさんあります。

結局、自分の人生を生きていないからそうなっちゃうんですよね。
自分で選んで、そこで得られた結果を引き受ける覚悟ができているか、できていないか。

私の影響力は、まだまだ、小さいので、大問題は起こそうにも起きませんが、世界を動かすような発見をした、と報道発表して、論文査定するのなら、覚悟が必要だったハズ。
それは、いいシナリオと、悪いシナリオ。両方の覚悟が必要です。

「疲れたから」といって死んでたら、いくつ命があっても足りません。
なぜなら、疲れていない人なんていないからです。
皆、疲れてますよね。
だけど、ほとんどのひとは、生きる道を選ぶのです。

死ぬか殺すか、をした人をピックアップして報道するから目立つだけで、犯罪白書などを見れば、増えても減ってもいないことがすぐにわかります。

結局、何があっても生き延びる、サバイバルする、という本気の覚悟がない、ということなんですよね。
800億も使った結果があいまい。。。
まずくなったら、ドロン。

自殺が罪なのは、やばくなったら死んだらええねゃ、と、多くの人に教えてしまうことです。
本当は逆です。

死ぬ気になったら、なんでもできる、ということを伝えないといけないのです。
それが、成功法則。

私は、いま、2頭の犬を飼っていますが、犬は、自殺しません。
一生懸命、生きるしかありません。たったこれだけの事実からも学べます。

人は、死ぬ間際、何に後悔するか?
それは、したことを後悔するのではなく、しなかったことを後悔するんですね。

限界まで、やるべきことをやって死ぬ、そうした人生を送りたいと、強く思います。
逃げではなく、挑戦。

1回の人生を賭けるに値する挑戦。
生きる勇気を持っている人に、そういうことを、ちゃんと伝えることも大切だと考えています。

また、書きます。
 |  コラム一覧 |