【最幸ビジネスモデル】誰も悪くない。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】誰も悪くない。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
 【最幸ビジネスモデル】  2014.8.4 No.0914
===========================
■今日のテーマ
 誰も悪くない。
---------------------------

対立は、同じ層でしか起こりえない。

◯◯悪い!◯◯反対!
と対立している限り
相手を強めてしまうのだと・・・、
私は感じている。

(あくまで、私がそう感じている、ということ)

誰も対立する事が「目的」ではないのだから
「どうしたいか?」
の、本来の「目的」のほうに
フォーカスしたらいい。

その「目的」へ向かって
何も気にせず「タンタンと」

 たとえば、
 土の下で種から伸びた茎が
 大きな石に突き当たり上に行けなくなった時、
 茎はその石と「対立」はしない。

 その石に沿って根を伸ばし
 石がない場所でまた、上に
 根を伸ばしていくだろう。

また、全ての人間が
実は同じ一つの存在から
体験する為にバラバラな個体として
存在しているのなら
どんな極悪非道だと感じられる人間も
自分の一部。

否定や対立をしてしまうと
自分の中で戦いが起こって疲弊する。

その人間に生まれたら
自分自身が同じ運命をたどるだろう。

だから、否定や批判ではなく・・・。

「ただ、相手はそうなのだ。
 そして、自分はこうしたい。」

と、自分が「どうしたいか」
にフォーカスして、それに集中したらいい。
すると、フォーカスした世界が拡大していく。

それが出来ずに
否定や対立をする理由は、

「不安」と「正義感」のふたつ。

「どうしたいか?」
  と
「不安」

を測りにかけて、
いつも不安が勝ってしまう。

だから
どうしたいか?という事よりも
否定や対立に走ってしまう。

それから、正義感。

正義感というのは、
相手を悪くして、自分が正しい
という思考から生まれる。

正義がなければ悪もなく
悪がなければ正義もない。
同じ層の仲間なのだと私は思う。

本来は、
悪を正す事が目的なのではないハズ。

こういう世界にしたい、
とピュアに思う世界を
ただただ、何も気にせずに
タンタンと創造するだけで
気持ちよく、得たい未来は
創造されていく。

それを創造できると信じられれば
疲弊を生む対立は減って行くのだろう。

私は20代のころ
学童保育の先生をしていた。

他の多くの先生達は
生徒の喧嘩の仲裁で、
話を聴いたあと、
それは誰々が悪い。
だから、謝りましょう。
というやり方だった。

そして、謝ると
その謝れた事を褒めていた。

私は時間をかけて
子ども達の話を聴くと
誰も悪くないどころか
ほとんどの場合、その行動の下に
深い愛があった。

何も仲裁しなくても
時間をかけて話を聴くだけで
子ども達は勝手により深く繋がって行く。

けれど、そんな事に時間をかける先生は
集団の時間を守れず
うまく仲裁もできない
「ダメな先生」
  ↑わはは。私のこと♪

このように、
小さな頃から、どっちが悪いと
教育されているので
根が深いのは、体験から理解している。

もちろん、その教育が悪い訳ではない。
そういうプロセスが必要だから
起こっていること。

タイミングもプロセスも
完ぺきなのだと感じている。
ただ、根が深い訳を説明しただけ。

だれもが自由に得たい世界を創造できる。

それに気付いた人が
タンタンと楽しく
未来を・・・
「いま」創造している。

___________________________
■今日のまとめ

 対立すると自分が疲弊し相手に力を与える。
 自分が創造したい事にフォーカスし行動すれば、
 その世界が拡大して行く。

---------------------------
■まだ若干お席ご用意できます。ピンと来た方はお早めに♪

【この夏、心に残る素敵なパーティご一緒に♪】

新生 押野満里子 記念パーティ

日 時:8月10日(日)15時ー18時
    ・・・夜は懇親会もあります。
場 所:小田急線梅が丘駅徒歩1分
    ・・・参加者にお知らせします。
参加費:5000円
定 員:100名
ドレスコード:自分らしい服装で!

美味しいお食事と素敵な音楽と
ハートフルなひととき

http://www.with-design.jp/810/

___________________________