乳輪縮小術のリスク - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

乳輪縮小術のリスク

- good

医師選びを間違えますと、乳輪縮小でも失敗はあります。
危険なリスクをご紹介いたします。

乳輪縮小で起こるのトラブルは皮膚の壊死です。
壊死が起きてしまいますと、修正がとても難しくなってしまいます。

技術が未熟な医師が行うことで起こります。
しかし、稀に起きることですので、医師選びを間違えなければ回避できます。

また、左右差が生じてしまうことが考えられます。

医師の技術の問題で左右差が生じてしまいます。
術後はすぐは左右差が腫れによって生じてしまうことがあります。

修正は最低でも3ヶ月から半年は空ける必要があります。

修正を行わない状態が1番ベストなのですが、
もしそのような状態になった際には早めの対処が大切です。

どの術式にも失敗がありますが、
少しでも回避できるのは名医をご選択になさるということ。

技術を持った名医をご選択ください。

乳輪縮小の美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |