進化していくフェイスリフト - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

進化していくフェイスリフト

- good

従来のフェイスリフトは、頭髪部分から耳の前・耳垂のした部分を通過し、
耳後部から生え際に沿って、切開を行うものでした。

そうしますと、大きくリフトアップは出来るのですが、リスクが高いです。

そのリスクというのは、皮膚の壊死・耳の変形
綺麗になる間に時間がかかる
長期的なリスクのものです。

これを回避するために、耳の前を少しだけ切開し、
剥離・皮膚切除を行うミニリフトという術式があります。

しかし、これにもリスクがあります。

効果があまり感じられない・後戻り・傷跡が目立つ
耳の変形
など大きなリスクがたくさんあります。

現在では、MACSリフト・Short Scarフェイスリフトは、
より効果が出てリスクも低いといわれているフェイスリフトのようです。

切開範囲・傷跡などは、ミニリフト程度のものです。
効果とっしては、トータルフェイスリフトの効果を感じられる様です。

現在、日本で行われていない術式もたくさんございます。
これからクリニックでは、どんどん取り入れていくでしょう。

これまで拝見してきた症例で言えば、技術的に低いドクターがフェイスリフトを行ってしまいますと、皮膚の断層がずれてしまい、縫合部が盛り上がってしまったケースが良く起こっています。

皮膚の断層をきっちりと併せる事で凸凹の無いフェイスリフトを行う事が出来るので、名医を選択していただく事をお薦めいたします。

フェイスリフトの美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |