【最幸ビジネスモデル】すでに在る事を求めるのは難しい。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】すでに在る事を求めるのは難しい。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
 【最幸ビジネスモデル】  2014.7.18 No.0904
===========================
■今日のテーマ
 すでに在る事を求めるのは難しい。
---------------------------

自分と繋がりたい、とか。
自分と一致したい、などと言う人が多いけれど。

もうすでに誰もが、
自分と繋がっているし
いつでも一体なものを、
そう願うのは至難の業(爆)

好きな事を見つけたい、なども然り。

今のままではない、
いまそのままの、外に探そうとしたら、
その「~したい」という状態が
永遠に続くのだと私は思う。

頭(言葉)で考える事を辞めて
ただただ、いま、この瞬間
自分で在ることを感じるだけでいい。

今のままでは何かが足りない、
などという思い込みを外して
自分として、完ぺきなのだと。

誰もが「自分自身」として
何も欠けるものはない。

その完ぺきな自分自身は
外からみればデコボコだから。

だから、その凸凹は
人と協力し合う事で恊働共創できる。

「自分」としては完ぺき
全体としては凸凹。

だからいいのだ。

もし凸凹がなくて、
全体として完ぺきな人ばかりだったら
世の中、一人いればよくなってしまう。

そして、だからこそ、
「自分」として完ぺきなのだ。

だから自分に欠けていることを探したり
そこにフォーカスすると
どんどん「自分」から分離してしまう。

言葉を辞めるといい。
頭で考えるのを辞めたらいい。

ただ、誰もが
いつでも自分自身なのだ。

そこは不安もない。
高揚もない。

ただ自分自身で在るという
とても静かで穏やかな場所。

その深い安心感、幸福感から
思った通りに行けばいい。

ただそれだけのこと。

みんな考えすぎなんだよね。
もっとシンプルに
自分そのままで。

 余談だけれど
 自分と繋がりたい、とか
 好きな事を見つけたい、などと思っていると
 それが出来ますよ、という何かに
 お金を払ってしまう。
 それはお金を払って云々。
 何かメソッドによって云々ではなくて。
 (逆に、外に求める程、離れてしまう。)
 自分自身と仲良くなるだけなんだよね♪

___________________________
■今日のまとめ

 すでに誰もがいま、この瞬間
 自分自身として完ぺきである。
 そして、いつも自分と共に在る。

---------------------------