【最幸ビジネスモデル】ただ喜びのエネルギーで。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】ただ喜びのエネルギーで。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

 【最幸ビジネスモデル】  2014.7.15 No.0901
===========================
■今日のテーマ
 ただ喜びのエネルギーで。
---------------------------

毎日、言語化にチャレンジしているけれど
普段、友達と対話をしている
その深さを
文章にするのは至難の業。

言語にしたとたん
べったーと平べったくなる。
行間には宇宙が広がっている。

だから、
ただ喜びのエネルギーで。

と書いたとたん
すごく「チンケ」な表現になってしまう。

それでも、チャレンジすると。
ただ、自分の存在そのものの
喜びから、そこから、
自分の世界を創造する。

それが
暮らしであり、仕事であり、遊びであり・・・
それが、人生だと私は感じている。

足りないものや
欠けているものなど、
なーーーんにもなくて
「自分」という存在の喜びから・・・

あぁ、言語化すると
同じ言葉を繰り返してしまうけれど。

過去のとても辛くて
人間の尊厳すら捨てたあの夜でさえも
私は幸せで満たされていたと思える。

その瞬間、その時の私は
痛くて哀しい。

だから、
そのことを体験できたという事自体が
豊かな事なのだと思う。

  その「枠」の外に出れば
  人生は舞台のようなもの。

それがあったから今の私がいる、
という側面もあるし、
その体験、それが出来る事が豊かなことだと。

でも、その時の私が
それに気付いては、
その体験の価値がなくなる。

あれだけ酷い経験だから
体験できる、という価値があった。

だから、いつでも、どんな時でも
状況環境関係なく
誰もが満たされていると思える。

この世界に
「可哀想な人」や「困っている人」は
表面的にはいるし
その瞬間の辛さはあったとしても。

肉体を持って体験できる事自体が
それが幸せなことなのだと
日本ではなかなか体験できないだろう
様々な体験を通じて
いま、深く感じている。

その「私」という
喜びのエネルギーだけで
仕事をして、暮らして、その全部が遊びで。

それがとっても豊かなこと。

___________________________
■今日のまとめ

 自分の存在そのものの喜びから、
 自分の世界を創造する。

 それが
 暮らしであり、仕事であり、遊びであり・・・
 人生だと私は感じている。

---------------------------