鼻のプロテーゼを1つ間違えてしまうととんでもないことに! - コラム - 専門家プロファイル

山口優
美容医療ジャーナリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

鼻のプロテーゼを1つ間違えてしまうととんでもないことに!

- good

お鼻にシリコンプロテーゼを挿入し、
お鼻を高く鼻筋を通す綺麗なお鼻に憧れる方は多いでしょう。

しかし、1つ間違えますと、不自然なお鼻になってしまいます。

患者様がまず不安がるリスクとしては、
プロテーゼの輪郭が浮き出てきてしまうというものがあるでしょう。

浮き出てきてしまうというのは、プロテーゼがわかりやすい状態です。

また、プロテーゼがわかってしまう状態は、
お鼻の状態にプロテーゼのサイズが合っていない場合があります。

お鼻の形にあっていませんと、ご自身でも違和感がありますし、
誰が見てもお鼻の形に不自然さを感じてしまいます。

プロテーゼをメーカー使用のものから加工しなければ、直線的でプロテーゼ感が強くなりばれやすい状態になってしまいます。

そして機能的にも鼻先への圧迫が強くなってしまいますので、鼻先が赤くなるトラブルが起こりえます。
これは安価形のクリニックに多く見られます。

また、プロテーゼには形があるために、
医師としっかりとリスクなどを理解しておくことが必要でしょう。

シリコンプロテーゼの美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

ご相談番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)


 |  コラム一覧 |