体調を崩しやすい時期 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

体調を崩しやすい時期

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

寒い冬・暑い夏といった連日同じ状況が続くような気候は身体も慣れてきますが、今の時期のように湿度・気温・気圧の変化が日々変わる気候は、体温調整が上手くいかなくなったり、自律神経が不安定になり体調を崩しがちになりますね。。


住環境においても、夏のヒートショックを少なくすることが大切です。

・エアコンによる涼しい部屋と締め切りの暑いトイレなどの温度差

・寝室で就寝時から起床時までの温度差

・熱めのお風呂と脱衣室の温度差 など


冬のヒートショックほど血圧変動は大きくないかもしれませんが、頭がボーっとしたりイライラしたりの原因になるので気をつけたいものです。

たとえばエアコンを使わず窓換気で過した場合、体温がどのくらいまで上がるかを測っておくのも代謝や健康状態を知るバロメーターになると思います。

水分補給も忘れずにv




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

CSI:15をamazonプライムで(2016/12/11 00:12)

今年の語学状況(2016/12/10 00:12)

高血圧と生活習慣病(2016/12/09 00:12)

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)