ペットの熱中症対策 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ペットの熱中症対策

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中
梅雨の中休みとはいえ、湿度は高く 汗をかくことが出来ないペットにとっては、住宅内でも熱中症になるリスクが高いです。

特に独り暮らしのかたでペットを飼われている方が外出時、エアコンをつけっ放しにされるケースが多いですが、冷やしすぎるのも体調を崩す原因になります。

いつでも水分補給ができる状態にしておくことと、お気に入りの場所に身体に溜まった熱をクールダウンできる「ひんやりマット」などを常備してあげると喜ばれると思いますv




飼い主の心得 HP  ←

高齢者住宅などでのノウハウは、ペットと暮らす家にも繋がる内容が多いので、この分野も研究してまいります(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)