サッカー選手と野球選手の主体性レベルの違い - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

田原 洋樹
株式会社オフィスたはら 代表取締役 人材育成コンサルタント
東京都
人材育成コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

サッカー選手と野球選手の主体性レベルの違い

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル

サッカー選手と野球選手、どちらが主体性を持っているか?

答えは断然、サッカー選手と言わざるを得ない。


これは、一度フィールドに出れば、ほとんど監督指揮官の声が届かず

結局、チームリーダー(キャプテン)を中心に行動を取るしか方法がない

サッカー選手と、1球ごとに、ベンチのサインを見て、監督の指示を仰ぐ

クセがついてしまっている野球選手の、プレースタイルの構造的な問題に

起因する。


サインプレーが魅力の一つという声も確かにある。

一球ごとに情勢が変わる中で、お互いのベンチがどのように動くか?

その戦略の駆け引きも確かに野球の面白みではある。


だが、選手自らが、主体的に考え、瞬時に自らの意思で行動する姿を

観る醍醐味もスポーツの魅力ではある。


サッカー選手の試合終了後のインタビューを聞くと、彼らの論理的思考力に感心することが多い。

試合を振り返り、課題を抽出し、次の戦いのプランニングをしていく。

ビジネススキル研修でもテーマとなる課題抽出・解決手法をしっかりと

身に付けていることに驚かせる。

これは、緊迫したゲーム中に、磨かれていくスキルと言えよう。



高校野球の指導方法も、最近は変化の兆しが見える。

選手が主体的に練習メニューを考え、試合の戦略を組み立てていく。

そのようなチームが甲子園出場を勝ち取ることも珍しくない時代となった。

昔のように、精神論を押し付け、カリスマ指導者のもとで、鍛え上げる

スタイルは時代遅れであると、ようやく野球界の関係者も気づき始めたのではないか?



人材育成のコンサルタントをしていると、企業の人事担当者から

主体性を持った人を育てたい、論理的思考力を養わせたいといった

要望を耳にするが、サッカー選手と野球選手のゲーム中の行動を

参考にすると、そのヒントが見えてくる。




株式会社オフィスたはら 人材育成コンサルタント 田原洋樹

http://officetahara.com/