デキ婚 - コラム - 専門家プロファイル

清水英子 
メンタルヘルスコンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

デキ婚

- good

この数年、私の周りで結婚の話題が出るうちの、約3割くらいは、


いわゆるデキ婚だったような気が…。



そのたびに、その当人のお母さんたちと、


「今の子達の付き合い方って、自分たちの頃とは、ずいぶん変わったよねえ」


「自分たちの頃は、親に内緒で、女友達のうちに、泊りに行ってくるとか、嘘を言ってでかけたもんだけど、


 最近は、彼氏の家に泊まりに行くのも、堂々としてるもんねえ」




…というような話題が…。




うちの娘も、実は、休みになるたび、彼氏の家に、出かけて行ってたんだけどね



最初の頃は、


「そんな、毎週あっちの家に泊まりに行って、相手の親に、だらしないと思われるんじゃないんか??」


と心配して言ったこともあったんだけどさあ。



「お堅い家の子供たち」 まで、そういう付き合い方をしているなんて話を聞くと、


なんだか、安心しちゃってさあ、


まあ、未成年じゃないんだし、なんて思っていたんだよね




ところが、先月の終わりくらいに、なんだか、娘の様子がおかしくてねえ


すぐに、泣いたり、イライラしたり、まさに、不安のまっただ中って感じだったもんだから、


もしかしてと、頭をよぎったけれど、



ま、さ、か、うちの子に限って…



それが、そのまさかだったよ~




それから、まあ、激動の一週間


いやあ…久しぶりの衝撃だったよ



妊娠してるとわかった日…。


外から帰ってくると、あるはずのない娘の車…


家の中を探しても、気配がない。



ラインで、「あんた、早退したんかあ「」



「うん、Y子ちゃんの家におる」


寝不足だったことも、わかっていたし、


「具合悪いなら、早くかえっておいでや」



それから、数分後


家に着くなり、半泣きで、


「お母さん…、赤ちゃん出来とったあ」


へっ    「……。」




いやあ、衝撃だったねえ




お父さんに言うの恐い…と言って泣きだす始末



ま、お父さんが、ショックを受けるのは、簡単に想像がつくからねえ



「お母さんが、先に、うまく話すから」 と言ってやって、



また娘には、「あっちの親にも話をしておいで」、と指示をして…



とにかく、娘がいない間に、お父さんに話さなければっ



話した途端に、お父さんの顔から、血の気がひくのがわかったよ



第一声が、「そいつを、ここへ連れて来い 」



私が、思った以上に衝撃は大きかったようで、焦ったねえ




それから、三日間ほどは、家の中に、今までにない空気が漂っているというかんじだったね



これじゃ、マズイ…




三日目…。帰ってきてすぐ


「お父さん、ちょっと…。」 と、声をかけ




「お父さん…、今さあ、子供出来て本人も、不安やろうし、新しいスタートするときなんやよ?


本人のために、何の障害もなく、流れるように送りだしてやろうよ、ね?」


と切り出すと、目を腕で押さえながら、「だって、寂しいもん」 と、泣いたよ


それから、数日、ソファに寝転んで、私にわからない様に、涙を拭いている姿も目にしたけれどさ、


気がつかないふりをしたよ



いやあ、男親なんて、どこも、こんなもんなのかもしれないね














 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(メンタルヘルスコンサルタント)
清水英子 

まず、話すことが第一歩。私に話してみてください。

私のところに、たどり着いた方々のこぼれ落ちる涙を見るたびに、ココロの腕で抱きしめてあげたくなります。話すうちに、笑顔がこぼれ、元気になっていくのをみていると、人間本来の持っている力を感じ、次のカウンセリングに続く原動力となっています。