「やる気スイッチ」を見つけ、さらにやる気アップ。 - コラム - 専門家プロファイル

結婚相談&婚活コンサルティングのリアルラブ 
東京都
婚活アドバイザー
03-3443-3090
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「やる気スイッチ」を見つけ、さらにやる気アップ。

- good

本日のアサイチは,
「子供のやる気スイッチ」でした。

私自身子供を持つ方のカウンセリングをしたり、「お母さんのためのNLP講座」トレーナーでもあります。
まあ、「やる気」に悩むのは子供だけじゃない!
会員さんに対しても「やる気」を引きだし継続的に維持し、何かが起きても凹むことなく、それを学びとしてさらにやる気がアップするようなコミュニケーションは、本当に結果に直結しますね!

見ていて、「Oh!さっそく取り入れたい」と思えたことは…

〇選択肢を与える。
「宿題は、お風呂の前にする?お風呂の後にする?」。

こういった会話、全くやってないわけじゃないけれど、「どうする?いつする?」と漠然と聞くことが多いなあと。特に子供は、時間の感覚が薄いので、「すぐ。」となりがちで、それまでやっていた勉強を中断して机の整理が始まったりしがち(笑)。


〇提案する。
結局、この「提案する」ということが、上記の漠然とした状態を「選択肢を増やす」にグレードアップするのですね。要は「提案する」ということで「それに乗るかそうでない道を選択するかと、これも「選択肢」ということになりますね。

脳科学的実験をしていましたが「選択肢」を持つことで、自分のチャレンジがたとえ失敗に終わってもモチベーションが下がりにくいそうです。

難しいのは具体的提案内容。自分自身の発想が自由にリラックスしていれば、楽しい提案ができたりするけど、自分が余裕がなくマジな状態だと、提案内容が息苦しくなりがち。
でも、選択肢を持つことで「失敗してもモチベーションが下がらない」なら、とにかく二人で頭をっひねって何か発想を広げて良い方法を見つけよう!と、意欲的になりますね!


〇そばに座って、まず成功体験をさせ褒める。
なるほど。隣に座って、まずは体感覚的にも安心してもらい、簡単な問題を作ってあげ褒めたりしてから、実際の宿題をさせる、とのこと。


〇自分なりのご褒美をどう見つけるか。
このことが案外大事だな…とつくづく思いました。親から褒められたい、と思う気持ちは誰しもあるけれど、誰かから褒められなくては気が済まないとか、人がどう見ているかが気になって、自分が何をしたいのかわからなくなってしまいがち、という人はとても多いのです。

褒めるだけでなく、「自分で自分を承認する」事の大事さをしっかり伝えていくことなのかな、と思いました。

★★★
相談室リアルラブ
湯田佐恵子

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 婚活アドバイザー)
結婚相談&婚活コンサルティングのリアルラブ 

昨年成婚率58%!成果が出るまでお世話します!

昨年「『心のブレーキ』がわかればあなたも結婚できる!」を出版し、成婚率驚異の58%を達成!男女関係に関するお悩み、何でもお答えします。婚活、夫婦関係、子育て、セックスレスのお悩みなどもOK♪15年間で延べ10000件のカウンセリング実績。

03-3443-3090
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。