『アナと雪の女王』は仏教的思考?? - 英語全般 - 専門家プロファイル

伊東 なおみ
ILSランゲージスクール 英語講師および日本語教師
東京都
英語講師および日本語教師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『アナと雪の女王』は仏教的思考??

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般

Hello everyone!

大ヒットしていますね~~~



『アナと雪の女王(英語題は"Frozen")』


そして、昨日、ふとカレンダーに目をやると、、、



身分の高いお坊さんの語録(一遍上人語録(いっぺんじょうにんごろく))のようです。

でも、あれれ??よく見ると、、、ん



「23」??

いやいや、そっちじゃなくて、、、



お~~~!!!

"Let it go"!!!

今をときめく、『アナと雪の女王』の主題歌のサビの部分ではないですか

日本語版だと、『ありのままで』と訳されていますが、このカレンダーには『捨ててこそ』と書いてあります。どうして??

『ありのままで』は、ビートルズの曲ではないですが、普通に訳すと"Let it be"です。

ですが、"Let it go"には「余分なものは手放して(捨てて)、ありのままに生きよう」というニュアンスが含まれているので、『ありのままで』という訳は間違いではないと思います。

むしろ、ちまたでは素晴らしい訳だと絶賛されているようで、吹き替えの際にも「ありの~ままの~♪」だと"Let it go"口の動きにもよく合うそうです。

お~~~、たしかに合う合う

「捨てて~こそ~♪」だと、なんだかステテコみたいになっちゃいますよね

"Let it go"を使った例文は、こちらのアルクのサイトから確認できます:"Let it go"の意味

 |  コラム一覧 |