よぅく、考えてみる - コラム - 専門家プロファイル

清水英子 
メンタルヘルスコンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

よぅく、考えてみる

- good

叱られると、誰でもいい気持はしないもんだよね


今は、昔に比べると、子供の数も少なくて、実に、手厚い教育を受けて育っているようだけれど


親の個性が、子供の性格形成に、昔より、大きく影響しているように見えるのは、私だけかな?


人は、それぞれ、違って当たり前なんだけれどさあ、


昔は、親の影響は勿論、


兄弟からの影響や、先生や、おじいちゃん、おばあちゃんからの影響なんかが、微妙に混ざりあって


人間味のある大人に育つ子供が多かったように思うけれど…。


親がシャカリキになって育てるというより、色んな大人から、自然に学んできたように思うねえ。



私の、気のせいかな? 最近は、極端な子が多いような…。


大事にされ過ぎちゃって、客観的に、自分を見られなくなっているようにも思えるよ。


一歩外へ出て、失敗すると、気持をどうしていいかわからずに、


失敗は一つなのに、自分自身が、無力、無能に感じてしまうというのかなあ…


ひとつのコンプレックスから、自分全部がダメ人間のように、極端に考え込んでしまうというのかなあ…



冷静に、考えてみると、本当はどうなのかわかるはずなのに、


考え込んでいるうちに、自分のいいところを忘れてしまってるんだよねえ。


仕事で、失敗して、上司に叱られても、自分自身を否定されたわけじゃないんだからっ


悔しい時は、極力悔しかったことを、思い出さない事だよね



あたしなんかさ、子供の時から、なぜか悔しいと、泣くんだよね。へへ


しかも、シクシクと泣くなんてかわいいもんじゃなくて、


ビーッと泣く 鼻水たらして、ハデな泣き方なもんだから、


誰も同情してくれないよ


けど、これが、悔しい感情を、リセットしてくれるんだなあ




















 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(メンタルヘルスコンサルタント)
清水英子 

まず、話すことが第一歩。私に話してみてください。

私のところに、たどり着いた方々のこぼれ落ちる涙を見るたびに、ココロの腕で抱きしめてあげたくなります。話すうちに、笑顔がこぼれ、元気になっていくのをみていると、人間本来の持っている力を感じ、次のカウンセリングに続く原動力となっています。