コンプライアンス研修資料-「使い方と必要知識」 - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年11月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コンプライアンス研修資料-「使い方と必要知識」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する

弊社資料を無料で利用するには?
オリジナル資料作成サービス開始に伴い、利用方法を変更しました


オリジナル資料作成サービスの開始に伴い、資料の利用方法を変更しました。
こうなったのには理由があります。

本ページ中段以降
をお読みの上、以下いずれかの方法にてご利用をお願いします。
( 資料リスト http://www.pensee.co.jp/archive/index.html )

(1) 無料利用の場合は、印刷配布や自社資料へのコピペをせず、ネット接続した状態でお使い下さい。
        A. ネット接続し、当該ページをプロジェクターで投影して使用。
        B. ネット接続し、当該ページを研修参加者が各自のPC上で読む。

(2)(上記以外の方法で社内利用したい場合)
      研修効果が上がる「自社オリジナル資料」をお作りします。 (新サービス
        C.  追加ページを作成し、貴社だけの「オリジナルコンプライアンス研修資料としてまとめ、
             納品(PDFファイル)します。
             別サイトでご案内しておりますので、あなたの代わりに資料作成します」 をご覧下さい。

【こうなったワケ】

*********************************************************
手間をかけ、こころを込め、一生懸命に作ったものに対する「配慮」をお願いします。
そういうマナー、そういう配慮、がコンプライアンスの実現を大きく支える のでは
ないでしょうか。


こうすることになったワケ・・・
※以下がそのワケです。
(月刊総務オンラインコラム より)

(貼り付け開始)

「コンプラ研修 無料」「無料 コンプライアンス研修資料」で検索する会社

********************************************
皆さん、こんにちは。
「総務部」と「全社員」のためのコンプライアンス教室、第21回です。

今日はちょっと一息。
最近思うことについて書いてみたく思います。

私は、自社のホームページを含め全部で4つのサイトを運営しています。
アクセス解析をしていますので、どんなキーワードでサイトにたどり着いたか分かります。その中で目立つのが、今日のタイトルに挙げた2つのキーワード
 「コンプラ研修 無料」
 「無料 コンプライアンス研修資料」
なのです。

どちらにも「無料」という言葉が入っていますね。
どうやら、無料の資料を探したり、無料の研修を探している企業や人が多いようです。
「無料セミナーをやっていますか」という問い合わせのメールを頂くことだって一度や二度ではありません。

このような人や会社に出会うたびに、私は複雑な気持ちになります。

 読んだら、ポイ
 使ったら、ポイ
 パラパラと見、使えなさそうなら、ポイ

そういう人達が、無料で手に入れたものをどこか軽んじ、或いは どこか粗末に扱っている ような気がする時があるからです。

私はコンプライアンスの資料を無料で公開したり(
http://bit.ly/10QPn52)、無料で差し上げたり(http://bit.ly/1r9VjTm)しています。

そんなことをしていると、時に不気味さを感じます。

「むしり取られ」、「利用し尽くされ」、「使い捨てにされる」・・・そんな気持ちになることがあるのです。

無料で手に入れることを当然のことと考え、無料で何かをくれるのがあたりまえと思っている人がたくさんいるように見える。

 無料で資料を提供しても、自社で使ったらそれでおしまい
 無料で資料をメールしても、「受け取りました」とか「ありがとうございました」の返事もなく、貰いっぱなし。

こういうのって、 人として」どうなのだろう?・・・と思ってしまいます。
お礼を言われたいとか、そういうのではありません。

コンプライアンスには「人として大切なことを守る」という要素が含まれている筈なのに、そのコンプライアンスを推進している人が、こんなことでいいのかなと思い、悲しくなるのです。

人として大切なことを忘れずに、コンプライアンスを推進する。
それ無くしてコンプライアンスは実現しない・
・・と私は思います。

「総務部」と「全社員」のためのコンプライアンス教室 第21回。
今日はこの辺で。
********************************************
(貼り付け終わり)

「月刊総務オンライン」コラム http://www.g-soumu.com/column/2014/07/compliance21.php より


これをきっかけにいろいろ考え、以下のようにしたのです。

資料を無償でご利用頂く期間は終了しました。
資料を作成・公開し、それを維持していくためにはコストがかかります

 ・・・・・・・・・


********************************************

以前は「使い方と必要知識」という有料講座を受講頂いた上で資料をご利用頂いておりましたが、
本ページ上部のように変更致しました。

ご理解のほど、お願い致します。
 (コラム筆者/資料作成者)


-お知らせ-

【コンプライアンス問題が起こった企業へ】
  コンプライアンスの 分かっちゃいるけどできない (-。-;)  を何とかするために

本コラム筆者の指導を受けてみませんか?
 (1)
  倫理の本質」と「人間の視点による強烈な研修
    A.強烈研修 (社長・役員・取締役 )http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_consul.html
    B.強烈研修 (管理職・リーダー) http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance.html
    C.強烈研修 (全社員 )http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_staff.html

 (2)
  コンプライアンスを守るため 必要なのは「人間性の回復」と「人間力の強化」
   ◆  プラトン、カント、ヘーゲル 「人格」 http://www.pensee.co.jp/sercive/character.html
   ◆  ソクラテス、デカルト、ベーコン 「思考」 http://www.pensee.co.jp/sercive/philosophy.html
   ◆  マルクス、フッサール、実存主義 「行動」 http://www.pensee.co.jp/sercive/action.html
   ◆  どう生き・どう死にたいか、を考える  http://www.pensee.co.jp/sercive/career.html

(3)
 コンプライアンスのための資料 (500タイトル以上)
  http://www.pensee.co.jp/archive/index.html


<筆者 コラム等>
 https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
(Twitter) https://twitter.com/p_nakazawa

<その他>
・コンプライアンス違反の背景、違反組織の特徴、他 http://www.cmp-akademeia.jp/ 
・コンプライアンス違反者の心理、違反を招く行動例、他 http://www.cmp-akademeia.jp/2nd/index.html
・コンプライアンス強化術 http://www.cmp-akademeia.jp/3rd/index.html
・コンプライアンス違反事例 http://www.cmp-akademeia.jp/4th/index.html
・コンプライアンス理解の秘訣 http://www.cmp-akademeia.jp/5th/index.html
・コンプライアンス違反をする人ってどんな人? http://www.cmp-akademeia.jp/6th/index.html

<SNS>
 ◆ フェイスブック https://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany
 ◆ Google+  https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
 ◆ LinkedIn  https://jp.linkedin.com/in/penseenakazawa


【問題発生企業専門】
   コンプライアンスの 分かっちゃいるけどできない (-。-;)  を何とかする会社
   コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
   パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ )

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

このコラムに類似したコラム

あなたの代わりにコンプライアンス研修資料を作ります 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/10/16 15:00)

コンプライアンスに必要なのは「意識改革」 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/10/13 14:10)

こういう会社はコンプライアンスを実現できない 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/10/10 12:44)

コンプライアンスを守る教育設計のポイント 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/10/05 10:00)

飽きられないコンプライアンス研修資料 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/09/12 10:28)