大人は相手の言葉に傷つかない - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

高橋 秀明
こころ快復サロン 代表
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の病気・カウンセリング

茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
みき いちたろう
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大人は相手の言葉に傷つかない

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 心の病気・カウンセリング

おはようございます。
毎回読んでいただき嬉しいです。(^O^)
ありがとうございます。



【今日のキーワード】
子供のころに傷ついた心に自分で触れただけ



【内容】
「あの人にこんなひどいことを言われて傷つけられた」という人がいます。
もちろん嫌なことを言われてつらい思いをされた気持ちはわかります。

でも、実は、その人がひどいことを言ったから、あなたの心に傷ついたのではないのですね。
子供のころに傷ついた心を持ったままにしていたんです。

今回、傷つく言葉を投げかけられたので自分で過去のつらい記憶を思い出し、
自分でその傷に触れてしまったんです。


もし、その人から理不尽な言葉をかけられ傷ついたのだとすると、
その言葉は誰に対しても傷つける言葉だと言うことができます。

でも、そんな言葉はありません。
どんな冒涜する言葉でも、人によっては気にならないのです。

だからと言って、冒涜する言葉を言ってもよいということではもちろんありません。
言葉の暴力ですから言ってはいけないのは当然です。


もしくは、大人のあなたなら、相手の理不尽な言葉に十分反論できますよね。
癒えていない過去が古傷として残っていると、グサッときます。
そして、反論する言葉が浮かばないくらい心が折れてしまいます。


それがトラウマというものです。

トラウマは、ちょっとしたきっかけでとても強烈な痛みとして表面化し、場合によっては周囲の人を驚かせます。


でも、トラウマは消すことができます。
過去できごとは消せませんが、過去のできごとにくっついた感情を書き換えることはできます。
書き換えられれば、トラウマは単なる思い出に変わるのです。


なくなれば、もう二度とグサッとくることはなく、冷静に対処できる人になれるのです。




【意識すること】
もし、トラウマが見つかったら、どんどんはずしていこう。
そのほうが、人生楽しい!!




今日も、読んでいただき、ありがとうございました。
この手のネタで、疑問や書いてほしいことがありましたら、
コメントください。(^◇^)


よろしくお願いいたします。


メルマガを配信しています!!
よろしかったら登録してね(^^)/
↓クリック↓
【実践!自立の教室】しゅうめいのメルマガ

「前世療法」を体験した8回完結の短編メルマガです。
↓クリック↓
「人生が前向きになる前世療法との出会い」

「自分でトラウマをはずす方法」をお伝えする8回完結のショートメルマガです。
↓クリック↓
「セルフ・トラウマセラピーを使って自信を取り戻す」





 |  コラム一覧 |