丸いデザートからの自動連想 - イメージコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

南 祥子
兵庫県
パーソナルスタイリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

丸いバースデーケーキにワクワクさせられることはありませんか?

何種類ものショートケーキと比べても、ワクワク感で勝ってしまう
ホールケーキ。
でもこれ、全然不思議なことではないんですよ。

丸いホールケーキには、ふんだんに曲線が使われています。
曲線からイメージされるのは、可愛い、優しい、子供らしさなど…
逆に直線からは、シャープ、クール、大人っぽさなどが
脳で自動連想されます。

このイメージは脳が勝手に作り出すものであり、
自分でどうこうできるものではないんです。

なのでカッティングされ、直線が多いショートケーキよりも
曲線で作られたホールケーキに心ときめくのは当たり前。
カップケーキなどが流行るのも、似たような現象だと
思います。

ほら、このデザート。
円形のメレンゲに、丸く彩られたソース、丸いお皿。
フルーツも丸っこくちょこんと添えられて…
見ているだけで、ちょっと顔がほころんでしまいませんか?




mika

 |  コラム一覧 |