膝痛と筋トレについて - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
Noriko式ウォーキングのBjウォーキングスクール代表Norikoです。

個人セッションには膝痛で悩まれている方もいらっしゃいます。
昨日右膝が痛いんです…とお越しになった方は
病院でいずれ左膝も痛くなってくるでしょうと言われているとのことでした。

脚を拝見するとやはり両膝が内側を向いていました。

その方は膝周りの筋肉を強化しないといけないと
スクワットなどの脚の筋トレと膝をしっかり伸ばすウォーキングを
痛いのをガマンして行っていたそうです。

私が拝見する限りこの方に必要なことは
脚を変形させている強い筋肉をゆるめること。
体に負担をかけないように立ち気持ち良く歩くことをマメに行うこと。

そのため施術でまず脚の緊張をとり
そのあと脚のセルフケアをお教えしました。
これらはどちらも寝てしまいそうになるぐらい気持ちの良いものです。

それから姿勢の取り方を練習しました。
膝をピンと緊張させる立ち方をやめてもらいました。

歩き方も膝を伸ばそうと意識するのではなく
意識しないでも自然に膝が伸びるバランスで動くことを覚えていただきました。

レッスン中に「膝、痛いですか?」と、お尋ねすると
「痛くないです~」と、おっしゃっていました。

これは腰痛の方も同じこと。
痛いのをガマンして腹筋や背筋を鍛えたところで残念ながら良くはなりません。
腰の筋肉が固過ぎて痛みが出ているのですから緊張をとることが必要なのです。
腹筋ができなくなってきているのは腹筋が弱ってきているから…と、言う人がいますが
腰の筋肉が固くて腰椎が固定され体をダンゴムシのように丸くすることができなくなってしまっているから腹筋ができないんです!
できたとしても腹筋プルプルしてとても疲れるのです。
なぜこんなことを言うのかというと私は50歳ですし普段 一回も腹筋してませんが腹筋得意だからです。
それは日常の姿勢と歩き方で腰の筋肉もお腹の筋肉も固めないように使っているからできるんですよね。

昨日もセッション中にご受講者の目の前でほいほい腹筋をしてお見せしたら驚かれた方がいらっしゃいましたよ^^

『痛みがあるのは筋肉が弱ってるからだから筋トレすべき!』
という考え方に私は大いに疑問を持っています。

先ほどの膝痛の方が痛みが出ることなく歩くことができたのは筋トレしたからではありませんよ。
私が50歳だけど腹筋が得意なのは腹筋しているからではありませんよ。

筋トレ神話に囚われていてこれらについての説明ができますか?^^


-----------------------------Bjウォーキングスクール•ホームページ
インストラクター養成講座  東京3期は5月18日(日)開講
インストラクター養成講座  大阪
6期は9月開講 募集開始

講座一覧は以下です。北海道セミナーはこちら

定期レッスン、個人セッション1dayセミナーインストラクター養成講座
コスミック出版ムック正しく歩くだけで美しいからだになる!Noriko式ウォーキングメソッド
筋ゆるウォーク
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに!!

私達YURUKUウォークは☆健康に過ごしたいが、何をやっても改善されない☆ジムに通ったけど、続かない☆シニア世代なので頑張るトレーニングは辛い方の為に、筋肉を緩め、正しく立ち歩くケアを教授しております一生涯のウォーキングを身につけます!