死に向かう姿 - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
明石 久美
明石 久美
(ファイナンシャルプランナー)
小坂 淳
(ウェブ解析士マスター)

閲覧数順 2017年06月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

患者の9割がリピーターになる!共感問診力アップメディカルコーチの下枝三知与です。


3年前に次兄がガンで亡くなりました。


かなり進行していて余命3か月といわれていましたが、本人が頑張って1年半近く闘病しました。


最後はホスピスで過ごしましたので、積極的な治療はせず、ただ心安らかに過ごしてもらう場所で、ドクターも看護師さんも皆さん本当によくしてくれました。


ただ本人にしてみれば、やはり心の葛藤は大きなもので、時々感情的になったり義姉に当たったりすることもありましたが、亡くなる数週間前にはしみじみと周りの皆に感謝の言葉を口にするようになりました。


人は死に直面するともちろん意気消沈し、怒りやショック、後悔の念、死への恐怖、生への執着など・・・色々な感情が心に渦巻いて、自分でもどうしようもなく、持て余してしまうのです。


このホスピスでの兄の闘病生活では、間近に見ていて人の生と死について本当に考えさせられました・・・


つらく悲しい経験でしたが、逆に兄にはその姿を通して、大切なことを教えてもらったようです。


担当のドクターも看護師の皆さんも、口をそろえて「本当に立派に闘われました」といってくださったことが、遺族にとって救われました。


このように、看護される病人側と看護する側の心が通い合えば、病と闘っている患者や家族にとって何よりの「最高の薬」ではないでしょうか。


誰もがいつかは天国に向かって歩いていきます。


その時に出会える人によって、最後まで自分らしく歩んでいけるかどうか決まるような気がします。


だからこそ、医療現場にいる人たちは「使命感」をもって仕事ができるのでしょう。


私が現在病院や歯科医院のドクター・看護師・受付職員に向けて行っている活動が「患者の9割がリピーターになる!共感問診力アップメディカルコーチ」です。


問診力に特化していること

・課題点解決方法を「コーチング+コンサルティング+実習」で確実に身につけてもらえる

コーチ、カウンセラー、研修講師の実績と経験を持つ私である


以上の3つの特長を生かしたこのプログラムを、是非お試しください。


   詳細はこちら →  http://cst-team.com


「共感問診力アップメディカルコーチ」で検索してください。