保湿化粧品の効果を見極める方法とは!? - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保湿化粧品の効果を見極める方法とは!?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア

スキンケアカウンセラーの松原です。

化粧品をつけた時、「すごくしっとりする…」「水分に満たされた感じ…」
そんな感触に、「肌が潤っているな~」と思ったことは、誰しもあると思います。
つけた時は、水分や油分を与えることによって、しっとりした感じになります。
しかし、重要なのは持続力です。短時間で、カサつき感が表れてしまっては、意味がありません。

保湿化粧品の効果を判断するポイントは…
つけてから、10~12時間後の潤い感を目安にしましょう!
本当に効果のある保湿化粧品は、時間が経っても乾燥が気になりません。その場しのぎのものは、短時間で実感が失われます。

そして、もう一つのポイントとして、保湿化粧品を変えた場合、1ヵ月程度使い続けることにより、クレンジング後&洗顔後の突っ張り感の度合いが違います。以前より、突っ張った感じが軽減されたと思われるようなら、あなたの保湿ケアはプラスになっています。

どんな人でも、年齢による肌の乾燥に、歯止めをかけることはできません
まずは、この部分をしっかり認識して、いかに予防できるか…
これは、乾燥だけでなく、シミやシワなど、老化として表れる全ての部分に言えること!世界一優秀な化粧品を使っても、老いに追いつくことはできないのです。

化粧品は、改善ではなく予防です!
老化した肌を逆戻りさせるには、美容皮膚科などの医療が必要です。
化粧品で、大きくなったシミやシワを消すことはできません。それは、国の薬事法でも、化粧品の効能効果として認められていません。
ですから、20代半ばを過ぎたら、肌に何の変化がなくても、予防するための化粧品を取り入れることが必要なのです。
そのためには、肌老化の仕組みを理解し、美容成分&化粧品の見極めがターニングポイントになります。

美しく歳を重ねたいと思われる人は、是非、今度もこのブログをご覧下さい。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。