皮脂を理解する①~皮脂は肌の潤いにどれだけ貢献しているの!?~ - スキンケア - 専門家プロファイル

松原 好克
日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

皮脂を理解する①~皮脂は肌の潤いにどれだけ貢献しているの!?~

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア

スキンケアカウンセラーの松原です。

皮脂腺から分泌された皮脂は、皮膚表面に皮脂膜と呼ばれる膜を形成します。

皮脂膜の大きな役割は、
①肌表面を弱酸性に保って、雑菌の繁殖を抑える。
②肌にツヤと滑らかさを与える。

あれ!?と思われた人も多いでしょう…
肌の水分を守ってくれるんでしょ!?

肌(角質層)の水分を維持するのは、セラミド(細胞間脂質)が中心核です。
水分維持における功績度は、セラミドが約80%・NMF(天然保湿因子)が約17%・皮脂が約3%となっており、実は、皮脂は水分維持と深い関係はありません

では、なぜ皮脂は、今でも保湿に大切だと言われ続けているのでしょうか…
脂分という性質上、ベタつき感と共に、水分を蒸発させないというイメージが備わっているからでしょう。
肌の水分は、脂を足しても、その間をかいくぐって蒸発することがわかっています。
水分を維持するには、セラミド(細胞間脂質)を守るケアが、しっかりできるかがポイントです。

古い概念は捨て、エビデンス(科学的根拠)を元に「スキンケア」を行いましょう。

続きは、また次回に!

 |  コラム一覧 |