藤沢でサイディングの塗装後10年目の経過報告 - 戸建てリフォーム - 専門家プロファイル

株式会社塗装職人 代表
神奈川県
塗装・防水
0120-382-361
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

藤沢でサイディングの塗装後10年目の経過報告

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. 戸建てリフォーム
塗装 外壁塗装
藤沢でサイディングの外壁塗装後10年目のお家を訪問しました。
施工前は西日に当たる木部は枯れてバリバリ。
軒天もふやけて腐っていたので大工による交換。
サイディングそのものは色あせ程度の劣化でしたが、シーリングはボードから剥離して隙間がある状態でした。
剥離の場合はプライマー不足も懸念されるため、たっぷり塗布。
外壁全面養生テープ後コーキングの打ちなおし&増し打ち。
当時は今のように2液成分形ではなく、1液成分形をカートリッジ式コーキングガンにて注入施工。
下塗りには水性シリコンエポサーフを塗布。中塗りは水性シリコンセラ。
現在はUVシリーズですが、10年前当時はありませんでした。
木部には水性シリコン厚膜シーラーをたっぷり塗り、木部に吸収させてしっかりした塗膜を作ってから、中、上塗り完了。
雨戸も外し、付帯塗装もすべて塗りました。
そして10年後。さすがに日のあたる破風部分は塗装がはげていたものの、木部の素地自体には影響なし。
サッシや目地シールもシーリング自体にはひび割れはありませんでしたが、塗膜が若干ひび割れていました。
ベランダもウレタン塗膜防水の4層仕上げ。


今回は外壁のみですが、モルタルの家や屋根などの施工例はこちらにもあります。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 塗装・防水)
株式会社塗装職人 代表

一級塗装技能士を超えた「塗装指導員」7名

国家資格、一級塗装技能士の上級資格である「塗装科・職業訓練指導員」が必ず施工担当させていただく横浜にある塗装会社です。家の外壁塗装を検討されている方に、一級の技術、知識をご活用して頂いています。

0120-382-361
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「塗装」のコラム

塗装職人のリアル目線(2016/06/20 16:06)

25歳女子の工事現場(2016/05/25 15:05)