『新・裁判実務体系27 住宅紛争訴訟法』青林書院 - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
鈴木 祥平
(弁護士)
東郷 弘純
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『新・裁判実務体系27 住宅紛争訴訟法』青林書院

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般
相続

『新・裁判実務体系27 住宅紛争訴訟法』青林書院

2006年、35項目、本文約510頁。

裁判官らによる共著である。

建築基準法は、その後、大きく改正されているので、注意が必要である。

上記書籍のうち、以下の部分を読みました。

「1 建築基準法に関する判例の動向」

 建築紛争に関連する建築基準法の平成9年~平成14年の裁判例が解説されている。

2 建築確認、建築許可と不服申立ての適格」

・建築確認、建築許可の種類と処分性の有無

・建築審査会に対する審査請求と申立人の不服申立て適格

・処分の取消訴訟、無効等確認訴訟と原告適格

・執行停止、違反是正命令に関する訴訟

 なお、本稿では指摘されていないが、行政事件訴訟法改正により、義務付け訴訟も新設され、各訴訟等の要件も改正されている。