姿勢矯正で導入を - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

姿勢矯正で導入を

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

仕事しているときの椅子やクルマの椅子は人間工学に基づいたものを使用しているので、ヘルニア症状の足のしびれなどは良くなりました。

他に座る姿勢が重要なのは、


・食事をするとき


・テレビをみるとき


があります。


私は母から貰った椅子用の馬具マットを座る座面に導入したところ、骨盤を立たせる形で座れるので気持ち良いです


椅子用馬具マット/ドリーム

テンピュールなどのマットは座面の圧力を分散する方式ですが、こちらはお尻の位置を型にはめる感じなので、少し硬めに感じるかもしれません。


フローリング上に座る際などもこれを敷いて座ると姿勢が良くなるので、座禅している気分になりますw


先日のストレッチポールといい、家の中が健康アイテムで溢れるようになりましたv


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)