夫婦の溝は相手が聞きたい言葉で埋める - 浮気問題・不倫トラブル - 専門家プロファイル

クオリティ・オブ・ライフ研究所 代表/夫婦円満学校 主宰
東京都
幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント
04-7190-5869
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫婦の溝は相手が聞きたい言葉で埋める

- good

夫心と妻心の通訳者・夫婦間コミュニケーター
中村はるみでございます。ξξ-^)

相手が聞きたい言葉を話す


江南市の講演会で私がしたことの1つに相手が聞きたい言葉を話したことがあります。

観客の70%の方が60歳以上です。その方にAKB48のことを話してはNGだと判りますネ。
ではゲートボールについて話しても観客の方が知っていますのでこれもNGです。

だとしたらどのようなことを話せばOKなのか。
それは60歳以上の方の存在を認めることです。それは相手を認めることなのです。
ですから『私たちはまだまだ若いです。今の60,70,80歳は若い!』と言いました。

その後で家庭円満となるための「親離れ・子離れ」について笑いと共に厳しく話しました。「あなたのお子さんの家庭・人生はお子さんが決めること。子離れしましょう」とね。
だからこそ『私たちはまだまだ若いです。今の60,70,80歳は若い!だから今まで経験したことを地域のために役立ててください』という言葉が必要なのです。

最良の話し手は「相手が言って欲しい言葉、聞きたい言葉を話す人


このことを私の男性相談者に伝えたいです。
男性は本能的に攻撃性が強いので、『妻が自分に言ってほしい言葉』を話す言葉を好みません。

なぜなら『妻が夫に言って欲しい言葉』とは、妻の話を聞き、妻の話を認め受け取る言葉だからです。
妻の言い分を「そうだったのだ。辛かったんだね」と夫が妻を認める言葉は夫自身の非を認めることにつながると感じる夫は無意識に避けようとするのです。

これはほとんどの男性にも共通しますが、協調型の男性はこの傾向が低いです。
ですが、協調型は我慢していい人になる傾向があるので、我慢し続けると爆発し、離婚を考えることがあります。

ですから最初にあなたが夫の言い分を認めましょう。そして夫の心が開いたときにあなたの言い訳を伝えるとスムーズに受け入れてくれる確率が高くなるの。
ごめんなさい。言い訳でなく、あなたの意見でしたね。

でもね。夫からは言い訳と映るモノなのです。それが男性の特徴です。

この男性心理が解ると、夫に対してのアプローチ方法が解ります。

4月の“良妻 のコツ”が分かる『妻力UPコミュニケーション』講座は
仕事にも役立つ“良妻コツ”がわかる
『妻力UPコミュニケーション講座平日夜間』
として
4月10日(木)平日の夜に、
男女のタイプ分けに特化した異性へのアプローチの講座をします。

この講座は仕事にも役に立ち、上司へのアプローチも分かります。言い換えればお舅さん、お姑さん、お子さんへのアプローチに応用できます。もちろん、あなたの夫にも有効です。

『妻力UPコミュニケーション』のタイプ分けを仕事にも生かす

当日のみの特典があります!詳しくはHPをご覧ください。
特典の申し込みは会場で!
              ホテルラングウッド
第4回“良妻 のコツ“がわかる
『妻力UPコミュニケーション』講座 平日夜間
            ~詳細~
日時: 2014年4月10日 (木) 開場 19:00
場所:日暮里駅から徒歩3分 ホテルラングウッド 5F第3会議室
当日1Fロビーの催し物のご案内に表示されます
     
 《妻力UPコミ》行動と恋愛タイプ分け
 《使う前の事前準備》自我状態

19:10~21:45
参加費は通常講座よりリーズナブルにしています。
 詳細はこちら


~気さくな1時間程度の参加自由な懇親会があります~

(o^-')b  心への質問無理に受け入れない      
相手の言い分を受け入れたくない場合、無理に受け入れない。
相手の言い分を認めたくない場合、無理に認めない。

そんなときは、受け取るだけ、
「あぁ、そうなんだね」と受け取るだけ、
「そう言う考えをするのだね」と伝えるだけ、

受け入れる必要はない。
「あなたはそう考えるのだね」と伝えるだけでいいの。
その後の言葉は伝える必要はない。

でもね。
あなたが伝えたかったら伝えよう。

ただね、ケンカはどのような正論をつけても、「私の意見に従え」
「私の習慣に染まれ」と言った感情が横たわっていることを知ってね☆-( ^-゚)v


メルマガは「いい女になる気づき」を、ブログは「あなたの心(しん)を明かし行動促進の質問形式」、HPの記事は「夫婦円満の秘訣」をあなたに贈っております。
クオリティ・オブ・ライフ研究所HP に資料をまとめています。
ホーム に戻る       
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)
クオリティ・オブ・ライフ研究所 代表/夫婦円満学校 主宰

家庭と社会に[幸せの魔法]をかける夫婦円満コンサルタント

[家庭外の評価に価値を置く男]と[家庭内の関係性に価値を置く女]の性差と夫婦心理,性格分析,伝わる伝え方で千件以上の夫婦トラブルを解決。来談者の50%が男性。雑誌/テレビなどメデイア掲載・公共団体講演多数[女性の充実人生]を目指し夫婦円満学校主宰

04-7190-5869
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。