【最幸ビジネスモデル】今までの生き方が必要だった。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】今までの生き方が必要だった。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
 【最幸ビジネスモデル】  2014.3.6 No.0812
===========================
■今日のテーマ
 今までの生き方が必要だった。
---------------------------

本人は意識できない程
本当に、ものすごく
頑張って頑張って頑張って来た人は、

「実は頑張らなくていいんだよ。
 そのまんまでいいんだよ。
 自分の心の声を聞いて、
 その通りに生きていいんだよ。」

という事に直面すると、
今までの自分の人生を否定する事になる、
というジレンマになるという。

はたして、そうなのだろうか?

実は、
私も、当時は、
まだまだガンバリが足りない
と思い込んで、それはもうガムシャラに
頑張っていた時期がある。

その過程があるからこそ、
今の私があるわけで
否定どころか、ただ、必要だった、
と言う事なのだと感じている。

力を抜く、
と言う事は
力を入れていないとできないこと。

力が抜けている人に
力を抜いてと言っても
それは無理難題なわけで。

だから、
ガムシャラに頑張っていた過程を
通って来た人ほど
ありのままの自分に還れるのだと
私は思う。

今までの人生を否定する事になる
などと変なふうに考えず
ただ、頑張っていた自分を
「おー、俺ってすげーーー!」
って認めてあげたらいいのだと思う。

そして、
そこから、またさらに頑張ってもいいし
力を抜いてもいいし、
何でもどっちでも、構わない。

いつでも、選べる。

自分がどうしたいか?
それだけで選べばいいだけ。

ただ、それだけ。

間違っていた、とか。
否定する事になる、とか。

そういう事じゃなくて
なんでも全て、ただ
これからの自分の選択のために
必要なことをしていただけ。

そして、
いつでも、自分が選択できる。
それが「自由」という事なのではないかな?

___________________________
■今日のまとめ

 ガムシャラに頑張っていた過程を
 通って来た人ほど
 ありのままの自分に還れる。

---------------------------