Ω 「付き合うのを早まった」と言われた私。見落としているものは? - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Ω 「付き合うのを早まった」と言われた私。見落としているものは?

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題

うわわわわ、これはまた長い題名ですね~☆ 
うん、2014年度は長い題名が旬なのです♪ 

さて今回、まずはこのご相談をご覧下さい。

<メール>------------------------------

マーチン先生、初めまして。36歳の秋と申します。
私自身の不器用な、恋愛の体質について相談させて下さい。

最近4人の男性に「付き合うのを早まった」と言われました。4人連続です。

傷つきましたが、「私に直すべきところがあるからだ」と気づくキッカケに
なりました。自分自身の成長を目指し、感謝の気持ちを込めよう、料理を頑張ろう
もっと相手を見ようと改善に努めたのですが、4人目ともなると、
自分は間違った頑張り方をしているのではと思うようになりました。

私は、恋人とはいつも連絡を取り合いたい、週に二度は必ず会いたいなど、
交流を取ることに積極的です。寂しい・かまって欲しいと言うより、「もっと
積み上げていきたい」と考えるからなのですが、どうも、ほとんどの男性が
疎ましく感じたようです。

次はそこを気をつけようと、相手のペースや距離感を計っていると、「もっと
言っていいんだよ」「俺のこと本当に好き?」と言われてしまったりします。
こうして恋愛が、自分の手でどんどんうまくいかなくなっていくのです。

そんな私にも得意なことがあります。料理です。
自分で言うのもアレなのですが、とても美味しいのです!(自慢です!)
皆さんに喜んでもらえるのですが、最近、ある男性は、徐々に残すようになり、
最終的には「無理に作らなくていいよ」と言われてしまったこともあります。

得意分野まで足かせになってしまい、
今は、一体何を直したらいいのかと頭を悩ませています。

私が見落としているものは何なのでしょうか。
どうかヒントをください。宜しくお願い致します。

<メール、ここまで>--------------------------

秋ちゃんのご相談……
僕には婚活に苦しんでおられる30~40代の女性、皆さんの声に感じました。
そこで、今回は秋ちゃんのお話について、詳しく取り上げていきたいと思います。


◆ 「付き合うのを早まった」とは、どういう意味? ◆

誰と付き合っても交際が長続きしない……。そんなときは、普通、自分に何か
原因があると考えた方が良いです。そして、秋ちゃんのように、

「同じことを、別の人に言われた」なら、間違いなく自分に原因がある

と思ってそれを見つけ、改善していくことが大事です。

この「同じことを、別の人に言われる」というのは、職場でも見受けられるお話
です。わかりやすい例ですと、例えば、上司のAさん、同僚のBさん、Cさんに、
「もっと清潔感のある格好しなよ」と言われたら、髪か、シャツか、スーツか、
とにかくどこかが「すごく不潔」なのです!!

複数人に同じことを言われたら、絶対に自分がおかしい。
そう思っておきましょう♪

さて、秋ちゃんは、その点は受け止めておられます。
でも、何が悪いのかがわからない……そういう感じです。
そこで、考えてみましょう。秋ちゃんは、4人の男性にこう言われました。

「君のおっぱいで、プルプルしたーい♪♪」

……そんなこと言われてませんね、はい。ゴメンなさい☆
でも、そういう魅力があるから、これだけサクサク付き合えているのかな~とは
思ったりしました♪ で、話を戻して、本当はこう言われたのですよね。

> 「付き合うのを早まった」

では「どう思ったら」、「何をどう感じたら」、
「付き合うのを早まった」と口から出てしまうのか……です。
すると僕は、こうだと思うのです。

「君がこういう女だってわかってたら、付き合わなかった」

厳しい意見ですみません。でも、本当にこれだと思います。
だとすると、秋ちゃんの何が、そう思わせたのか……です。
この視点で見ていくと、いくつかの問題点が見えてくるのです。


◆ 「積み上げていく」とは ◆

僕は文章全体の印象から「秋ちゃんは、勘違いをしてしまっている面が多いの
だろう」と感じました。やろうとしていることや、心構えは良いのですが、
うまく行かない……。こんなときは、その基準がズレているものなのです。

例えば、このお話です。

> 恋人とはいつも連絡を取り合いたい、週に二度は必ず会いたいなど、
> 交流を取ることに積極的です。寂しい・かまって欲しいと言うより、「もっと
> 積み上げていきたい」と考えるからなのですが、どうも、ほとんどの男性が
> 疎ましく感じたようです。

「積み上げていくとは、どういうことか」を勘違いなさっていると感じました。
いつも連絡を取って週に2回会えば積み上がるのかというと、そういう問題では
ありません。むしろ「いつも連絡は取らない方が良い」と思いますし、
「週に2回は会いたい」と言って会ってもらうものでもないのです。

結果として、毎日連絡を取っているのは良いのですが、「毎日連絡が欲しい」
「毎日連絡を取りたい」と思ってやるのは違う、ということです。

会うのも同じで、結果として週に2回以上会えるのは非常によいことですが、
それは前提として、二人が「会おうよ!」という気持ちになっていることが
大切なのです。

そういった気持ちになるために必要なことが「ありがとう法」であり、
関係を積み上げていくため必要なことも、まさに「ありがとう法」なのです。
秋ちゃんは、そこを無視しておられるように感じました。

ありがとう法:http://www.martin.ne.jp/point/

また、秋ちゃんのお話には、

1.感謝の気持ちを込めよう。
2.料理を頑張ろう。
3.もっと相手を見ようと改善に努めた。

という内容がありました。
これ、意識すべき優先順位で言いますと、3→2→1 となります。

感謝の気持ちをこめようと思っても、「何にそれを込めるの?」となるのです。
例えば、彼の好きな料理がわかっていたら、料理に込めることができますよね。
でも、その「好きな料理」をちゃんと知るためには「3」の「もっと相手をよく
見ること」が必要なのです。

更に、相手をよく見ることで、その他の彼の喜ぶポイントもみつけられる。
それができれば、料理以外のことでも、気持ちを込めることができるのです。

でも、たぶん、秋ちゃんは言葉だけになっていたのではないか、と思います。
「感謝の気持ちを込める」というのも、「言葉で感謝の気持ちを伝えよう」と
していたのではないか……と感じました。

→感謝の気持ちを伝えるのは「行動かモノ(カタチ)」です。

その証拠が、4人に「付き合うのを早まった」と言われたことだと考えたら
良いのです。きちんとこのお話のことができていたら、4人に同じことを
言われることはないはずなのです。(ホントです)

こういった意識が抜けたままに、「いつも連絡を取り合いたい、週に二度は
必ず会いたい」という接し方をしてしまったので「重たいなあ。これだったら、
付き合わなきゃよかった」と思われてしまったのだと思うのです。


◆ 「距離感を計る」なんていうのは……? ◆

次に気になったお話はこちらです。

> 次はそこを気をつけようと、相手のペースや距離感を計っていると、
> 「もっと言っていいんだよ」「俺のこと本当に好き?」と言われてしまった

例えば、僕は「相手のペースや距離感を計ろう」と思って行動したことは、
過去に一度もありません。ですので僕から見ると、こうして考えている時点で、
既にズレているように感じてしまうのです。

秋ちゃんは「いつも連絡を取り合いたい、週に二度は必ず会いたい」と行動した
結果、相手に疎ましく思われ、それを気をつけるために相手のペースや距離感を
計っていたわけです。しかし、本来すべきことは前節の反省だったわけです。
(ありがとう法の話ですね。つまり、実際にズレていたわけなのです)

僕は思います。

「距離感を計る」なんて言っている時点で、もうズレています。

これに該当する人は割といらっしゃると思うので、ぜひ、意識改革をして欲しい
と思います。距離感を計るのではなく相手を見るのです。自分のすることが……

・喜んでもらえているのか。(プラスになっている)
・普通に受け入れてもらえているのか。(±0)
・そうでないのか。(マイナスになっている)

これを特に交際初期、何かをする毎に判断する(相手を見る)ことが大事なのです。


◆ お料理も、要確認 ◆

秋ちゃんのお話では、お料理が得意だということでした。

> 自分で言うのもアレなのですが、とても美味しいのです!(自慢です!)

まず、本当に美味しいのか、再確認することから始めることが大事です。
今回のお話は、「私のどこが悪いのか、わからない」という話ですので、
全てにおいて、その可能性を考えて確認していかないと、どこで見落としが
あるかもしれません。

また、正直なところ、僕は秋ちゃんのお料理に疑問を感じています。
ある男性が段々残すようになり、「無理に作らなくていいよ」と言ったと
いうことは……やはり味に問題があったと考える方が自然だからです。

ですので、女性でも構わないので、厳しい意見を言ってくれる友人3名くらいに、
いくつかのお料理、特に過去、男性に作ってあげたお料理を食べてもらって欲しい
のです。ちゃんと理由を伝えて「まずい、イマイチと思ったら本当に教えて!」と
お願いすることです。

それで問題がないなら、彼に振舞うお料理の量、メニューに注目して欲しいと
思います。量が多すぎると「食べさせられる感じ」になってNGですし、
メニューは、僕だったら料理を作ってくれると言われて家に行ったとき、

・パスタ
・リゾット
・チャーハン
・カレー

こういったものですと、がっかりします。

それぞれの料理が悪いと言う話ではないのですが、特に夕食として
女性が喜んで食べるものと、男性が喜んで食べるものは、たぶん違うと思います。

大事なことは、秋ちゃんが得意な料理を作ることではなく、
お相手の彼が、喜んでくれるお料理を振舞うことなのです。



多くの男性にウケるのは、間違いなく和食です。
和食というか、「定食屋さん」にあるようなメニューということです☆

こういうのです↓↓

・とんかつ、しょうが焼き、焼肉、トンテキ、鳥のからあげ、ハンバーグ
・肉じゃが、ひじき、筑前煮
・野菜炒め、餃子、ホイコーロー、酢豚、ナスと豚の辛みそ炒め
・みそ汁、あら汁、お吸い物、コーンポタージュスープ、コンソメスープ
・カレー、シチュー、(カレーは交際安定後。慣れてからです)
・魚はリクエストがあったり、仲良くなって彼の好みがわかってから。

ほか弁やオリジン弁当にあるようなメニュー、と言えばいいでしょうか☆
そんな感じです。あっ、他にはコロッケやとん汁もいいですね♪

お鍋は「ウチで鍋をしよう!」というお誘いをするには良いメニューですが、
「お料理を振舞う」という意味ではナシだと思います。だって、料理もなにも、
ただ鍋に入れて煮るだけですからネ。


…………。


秋ちゃんのお話、こうして見るといくつか確認点、改善点が見受けられます。
「付き合うのを早まった」と言われた一番の原因は、「積み上げ方」の部分だと
僕には感じられました。

連絡をすること、会うことが大事なのではなく、
自然と連絡を取れること、二人が会いたいと思えて会うことが大事なのです。


形を作ることも大事ですが、それが伴うように、二人の繋がりをしっかり作る。
そんな意識で交際に臨んでいきましょう。


◆ P.S.男性諸君へ ◆

秋ちゃんのような女性に出会ったとき、そのまま去る男性が多いようです。
しかし、僕はっ!! ここは「男の腕の見せ所」だと思います。

「いい女に出会えるまで探す」では、なかなか見つかりません。
でも、「いい女になれる女性」は、ある程度探せば出会えるものです。
秋ちゃんも、そういう女性なのです。

秋ちゃん、現時点ではズレているところがあるかもしれませんが、
付き合い始めた男性が、ちゃんと教えてあげたら直ります。

「もっと言っていいんだよ」「俺のこと本当に好き?」ではなくっ!!
男性自身が「ありがとう法」で接してあげて、積み上げるとは、
どういうことなのか、それを教えてあげたら良いのです。

「いい女を探すのではなく、付き合った女をいい女にする」

この意識を頭の片隅において、
これからの交際や婚活に生かして頂けたらと思います。

                written by Martin 2014.02.25


●このメルマガのプレミアム版、恋愛教室PREMIUM。
まぐまぐ「恋愛・結婚」カテゴリ、有料メルマガ 1位~2位!(週により変動)


 毎週、4~5つのコンテンツでお届けしています。
 1か月分、毎週日曜日発行(第5週目はお休み) 税込525円です。
 ご購読の初月は無料でご覧になれます。

お申し込みは すぐできます!

●まぐまぐ(有料メルマガ)を「初めてご利用の方」
 こちらから、無料会員登録とメルマガ購読仮登録を同時に行ってください。
 https://mypage.mag2.com/entry/UserRegistTerms.do

●既にまぐまぐ(有料メルマガ)をご利用の方
 こちらから、マーチン先生の恋愛教室PREMIUMをご登録下さい。
 http://www.mag2.com/m/P0000272.html               ▼
               ▼
どちらの場合も、すぐ登録されたメールアドレスに
「購読仮登録完了のメール」が届きます。そのメールから本登録をして完了! 
月の半ばでお申し込み頂いた場合は、当月分のバックナンバーが即時届きます。

皆様のご登録をお待ちしております。

【新講座のご案内】

2月22日(土)、プレスタートの「リアル」マーチン先生の恋愛教室!

次回 2月26日(水)は「正しい婚活の仕方2」

そして 3月1日(土)は、いよいよ本スタート。
「相手の心理を読みきり導く講座」を開催します!

講義予定表 >> http://www.martin.ne.jp/counseling/lesson.htm#sche

・ぶっちゃけ男性心理を述べる講座(女性向け)
・ケンカしたときの対処法&婚活成功体験談
・交際中にすること、してはいけないこと

など、皆さんからのご要望にお応えした、新しい講座もどんどん開催されます!

リアル恋愛教室では、「本当は高校で、大学で、教えて欲しかった!」
恋愛に関する、そんな内容を取り扱ってまいります。

詳細とお申し込みは、こちらです。
https://www.martin.ne.jp/counseling/lesson.htm

たくさんの方のお越しをお待ちしております。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 恋愛アドバイザー)
恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

-「カケヒキをして幸せになれました。結婚できました!」そんな話を一度でも聞いたことがありますか- マーチン論の特徴は2つ。【1】カケヒキを一切せず、素直にまっすぐ行動する。【2】自分で考える力を身につける。これが恋を叶える秘訣なのです。