ハーゲンダッツの「ローズ」 - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ハーゲンダッツの「ローズ」

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室

ハーゲンダッツのローズ

そうだ、ハーゲンダッツのフォレノワール味を買いに行こう! とコンビニに行ってみたら、
「ローズ味」
を発見。これはちょっと買ってみなくては!

上にはバラをイメージしたベリーのソースが流してあります。
一口食べると、ぶわんとバラの香りが漂います。良い香り!!

そういえば昔むかし。フランス菓子に「バラ」風味が大々的に出てきた頃、びっくりしました。バラといえば、フランスではeau de linge(リネンウォーター)です。洗濯の最後に入れて香りを付けたり、アイロンがけのときにしゅっとスプレーしたりするもの。
「お菓子に、洗濯水なんて・・・・!」
と、ずっと思っていました。でも食べてみると、意外にもここちよい香り。合成の香料ではなくて、天然のローズウォーター(食用)の香りはすばらしくうっとりする香りなのです。

今では、冷蔵庫にはローズウォーター(製菓用)が常備されていて、そういえばシャンプーも、アイロンがけ用のオー・ド・ランジュも、シアバターのハンドクリームも、すべて天然由来のバラの香りです。

とくにオー・ド・ランジュはおすすめ。私には、エプロン、コックコート、ナプキンにテーブルクロスと、アイロンをかけないといけないものが、いつも山積み状態ですが・・・、

バラの香りがあれば、ちょっとだけ、すいすい進みます。