レジャー会員権も損益通算禁止へ - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

レジャー会員権も損益通算禁止へ

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

平成26年4月1日よりゴルフ会員権の譲渡損が

損益通算できなくなったことは新聞等でも大きく取り上げられました。


しかし、レジャー会員権もゴルフ会員権と

同様になったことは意外と知られていないかもしれません。


従前はゴルフ会員権とレジャー会員権の

譲渡損失は給与などの他の所得と損益通算が可能でした。


そのため、節税対策のとして購入する人も多くいました。


今後は、両方とも生活に通常必要でない資産として取り扱われ、

平成26年4月1日以降の譲渡損失は損益通算ができなくなります。


ゴルフ会員権同様、3月にかけてかなり売りが出るのが予想されます。


本当にほしい人にとっては安くなるので買い時かもしれません。


それにしても長い間、ゴルフ会員権とレジャー会員権は

生活に通常必要な資産だったのが不思議なくらいです。





カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)