上司と部下の関係にみる広報の必要性 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

上司と部下の関係にみる広報の必要性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
広報担当の皆さんは、自身の会社からの評価に満足していますか?或いはご自身が部下だった頃は満足していましたでしょうか?

一般論としてなかなか満足しているという方はそう高くないでしょうし、また広報業務の場合、成果が見え難いこともあり評価が難しいという側面もあるため、なおさらだろうと思います。

その様な状況を打破する場合、あなたはどの様にしますか?

・頑張っていることをアピールする
・得られた成果をアピールする

これらはちょっとSP的な手法のようで、信頼を得るには難しい気がします。
また中には、自分の評価は自分でする!と意固地になる方もおられるでしょう。

これらは正に非広報的なコミュニケーションだろうと思います。
大事なのは”報連相の徹底”です。良いこともさることながら悪いこともきちっと報連相を行う。自身の考えを述べる。結果のみならず、手法や進捗状況などの報連相も行うことが重要だろうと思います。

報連相を行わなかった場合にでも上司は部下を評価せねばなりません。その際にどの様に評価するかと言えば、それまでの先入観や周囲からの情報でしょう。例え面談を行っても、その潜在的に抱かれたイメージを払拭できなければ、自身で満足のいく評価は得られないのではないでしょうか?

つまり自身を理解してもらう、評価を上げるなどの場合も、日頃の広報業務も何ら変わりはないということだろうと思います。

加えて言うならば、社内の広報活動への理解を促すことも同様ではないでしょうか?
これも広報活動強化には必須アイテムであり、是非とも継続的な取り組みをオススメします。

クリックをお願いします!  











 |  コラム一覧 |