自分はお客様の為に何をするか - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
明石 久美
明石 久美
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年04月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分はお客様の為に何をするか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. 各種のビジネススキル研修

共感問診力アップメディカルコーチの下枝三知与です。



ビジネスと「お客様」とは切っても切れない関係。


ビジネスをしているあなたのお客様はどのような人ですか?



私の場合は、医療現場で患者と接しているお医者様。



コンサルティングも患者との最初の出会いの場面である「問診」に特化しています。



なぜ「問診」にこだわるのか?


それは「問診」での患者との関わり方が、患者への診断や治療に大きな影響を与えるからです。



これは病院に行ったことがある人であれば、容易に想像がつきますよね。


患者は想像つくのに、案外医師の方はそれほど影響があるとは考えていない人が多いようです。



これはなぜでしょうか?


患者自身は「お客様」であるから、その影響の大きさに気づけるのです。



しかしながら、医師は患者と反対の立場でいようとするから、その影響など思いつかないのでしょう。



ということは、医師も患者側の立場に近づき、その心理(顧客心理)を理解しようと少しだけ意識すれば、すぐに気づくことができます。


気づくことができれば、どう対処すればよいのかも自然にわかってきて、すぐに行動できるはずです。



仕事で成功する人は「自分はお客様に何をしてあげられるのか」が明確になっていて、それを常に意識して、自分自身をお客様目線で見ることができる人だけです。



「お客様の為に結果を出すんだ」という強い信念を持つこと、これが大切ですね!