宅地建物取引業法のクーリング・オフ - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年06月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

宅地建物取引業法のクーリング・オフ

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般
相続

宅地建物取引業法のクーリング・オフ

(事務所等以外の場所においてした買受けの申込みの撤回等)

第三十七条の二  

宅地建物取引業者が自ら売主となる、宅地又は建物の売買契約について、

当該宅地建物取引業者の事務所その他国土交通省令・内閣府令で定める場所(以下「事務所等」という。)以外の場所において、

当該宅地又は建物の買受けの申込みをした者又は売買契約を締結した買主(事務所等において買受けの申込みをし、事務所等以外の場所において売買契約を締結した買主を除く。)は、

次に掲げる場合を除き、

書面により、

当該買受けの申込みの撤回又は当該売買契約の解除(以下「申込みの撤回等」という。)を行うことができる。

この場合において、宅地建物取引業者は、申込みの撤回等に伴う損害賠償又は違約金の支払を請求することができない。

 買受けの申込みをした者又は買主(以下この条において「申込者等」という。)が、国土交通省令・内閣府令の定めるところにより、申込みの撤回等を行うことができる旨及びその申込みの撤回等を行う場合の方法について告げられた場合において、その告げられた日から起算して8日を経過したとき。

 申込者等が、当該宅地又は建物の引渡しを受け、かつ、その代金の全部を支払ったとき。

 申込みの撤回等は、申込者等が前項前段の書面を発した時に、その効力を生ずる。

 申込みの撤回等が行われた場合においては、宅地建物取引業者は、申込者等に対し、速やかに、買受けの申込み又は売買契約の締結に際し受領した手付金その他の金銭を返還しなければならない。

 前三項の規定に反する特約で申込者等に不利なものは、無効とする。