課題解決の前に必要なこと・・・ - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

田原 洋樹
株式会社オフィスたはら 代表取締役 人材育成コンサルタント
東京都
人材育成コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

ヨシダ ハリー
ヨシダ ハリー
(社員研修セミナー講師)
高嶋 美里
(ビジネススキル講師)
山田 進一
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年02月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

課題解決の前に必要なこと・・・

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル

社会人や学生を相手に、「課題解決思考」のトレーニングをする機会が多いのですが

最近感じることは、「課題を解決する」以前に、まずもって「課題は何か?」と

職場や社会における課題発見力を持ち合わせていない人材がとても多いということです。

いや、突き詰めて考えると、本来持ち合わせている力を周囲の人間が育てようとせず

安易に「課題」を明示しすぎてはいないだろうか?と疑問を抱きます。


君たちの課題はこれだから、これに取り組みなさい。

と指示を与える、それによって、やがて彼らは自ら課題を見つけることをしない、

「指示待ち族」と化していくのです。


夏休みの自由研究を自ら見つけて、それに取り組むワクワク感を思い出します。

先生から、計算ドリルの○ページをやってきてくださいという類のものではなく

「夏の星空研究」や「昆虫採集」、「池の中の生物について」など自分の興味関心

があること、日ごろから疑問に感じていることなどについて、自ら課題を見つけて

それを解き明かしていくプロセス。

このプロセスに、我々は「やる気」を見出していたはずです。


課題解決思考の前に、課題を発見する力をはぐくむ姿勢。

これこそが、今の職場や、キャンパスで必要なスタンスなのかもしれません。


最近の若者は考えない・・・

とぼやく前に、我々がそういった環境を整えていないのではないか?

と今一度、自答していきたいですね。