子供の頃のケガの跡ある? - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供の頃のケガの跡ある?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング
Noriko式ウォーキングのBjウォーキングスクール代表Norikoです。
ブログネタに『消えないケガの跡ある?』っていうのを見つけました。

あ~あるある~

私は
両親に
「男の子が生まれるといいなぁ」って願われて生まれた女の子です(笑)

だからか外で走り回るのが大好きなやんちゃ娘でした。
夏なんてクラスで1番黒い?ってぐらいに真っ黒に日焼けしてました。

今思えば結構危ないことしてたなぁ…

消えてないケガは三つ
一つは
公園のブランコをそれは それはおもいっきり立ち漕ぎしてて…
たぶんね誰かと勝負してたのね…

後ろに植わってた木の枝に
太もも刺さってしまってできたキズ(^◇^;)

もう一つは
車の進入止めだったのかな…
腰ぐらいの高さの四角いコンクリートが等間隔に並んでた所があって
その上をピョンピョン飛んで端から端まで行こうとしてたんだけど
調子に乗って「高速!」とかなんとか言ってスピードアップして
一つだけ端のほうが崩れてるのに気づかず
足踏み外したの>_<
その時に膝の横をズルズル~っと擦りむいてしまってできたキズ(^◇^;)

そしてもう一つは
何が原因だったか忘れたけど近所の男の子と大げんかして
口でも腕力でも勝ってしまって
その子泣いちゃったのね。
泣いちゃったならもういいや…と思って帰りかけたら
その子悔しかったんでしょうね…
ギャーギャー泣きながら小石を投げてきたの。
その一個が顔に当たってできたキズ(^◇^;)
ちっちゃいキズだけどうっすら残ってます。


当時はケンカしても
余程のことがない限り親は登場しなかったので
その子とはあーっと言う間に仲直りしましたけどね^ ^

キズが残ったのはその三つですが
他にも母に呆れられるほどケガしました(笑)
懐かし~い昭和40年代の思い出です^ ^

今回の記事はウォーキングとは関係ないですが

遊びの中で
どうすれば高く飛べるだろう
とか
どうすれば速く走れるだろう
などなど
ケガしまくりながらも体の感覚を養ってたんだなぁ~
なんて。

それが今生きてるって思えます^ ^
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに!!

私達YURUKUウォークは☆健康に過ごしたいが、何をやっても改善されない☆ジムに通ったけど、続かない☆シニア世代なので頑張るトレーニングは辛い方の為に、筋肉を緩め、正しく立ち歩くケアを教授しております一生涯のウォーキングを身につけます!