時には時代物を - 恋愛全般 - 専門家プロファイル

結婚相談所インフィニ 青山結婚予備校 代表取締役
東京都
婚活アドバイザー
0120-980-836
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
ヒロコグレース
(恋愛、婚活、夫婦関係アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

時には時代物を

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛全般

こんにちは、青山結婚予備校インフィニスクールの佐竹悦子です。



今時代小説を読んでいます。

ひと頃はあまり顧みられなくなって、新しい書き手がなかなか出なかったこともありましたが、このところまたブームになっているようですね。

江戸時代の町人が多く登場するおはなしは面白い。

当時の裏長屋に住む女性なんかはとてもたくましくて、家事や子育てをしながら内職もする。

今で言う専業主婦なんてタイプはあまり出てきません。

貧しくとも、「身の丈にあった暮らし」というものをよくわきまえていて、生活を楽しむのが上手だったような気がします。



この小説は「大江戸ハードボイルド」というキャッチフレーズがついています。

主人公は、元岡っ引き、しかも「凄腕」と呼ばれた男です。

この仕事を嫌った女房に逃げられ、少し、女性も世の中も斜めに見ている。

暗い過去を引きずってはいるものの、強い正義感と身につけた体術とで、江戸の町の「悪」と戦っています。

その中の一場面。

主人公は探索の途中である女性に話を聞きます。

若くして亭主を失い、ふたりの子供を必死に育てている彼女に、ある男性との関係をたずねます。

「一年もつき合ってだな。その間、一緒に暮らそうなんて話は出なかったのかね」

「出ない、出ない。知りあったころ、正直言うとあたしにはそういう気持ちがあったわけ。―男なんていなければいないで済むようなもんだけど、やっぱり女だからさ、心細いのよ、何となく」

「それが女心というもんだ」



主人公自身も、女は懲り懲りだと日頃言っているものの、事件に巻き込まれて負った大怪我の看護をかいがいしくしてくれる幼馴染の女性の姿に

「ああ、家の中に女がいるってのはいいもんだ」

とかひとりごちたりするのです。



もちろん、現代の作家が江戸時代の人たちの考え方を想像して書いたものなのですから、当時の男女が本当にこんなふうに考えたかどうかはわかりません。

だけど、「肩寄せ合って誰かと一緒に暮らすのは本当にいいものだ」というのが伝わってくる場面だと思います。

作家自身が幸せな結婚をしていたからこそ書けた文章かもしれません。

読みたくなった人の為に、最後に題名を。

『漆黒の霧の中で』藤沢 周平 ―彫師伊之助捕物覚えシリーズの二作目です。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 婚活アドバイザー)
結婚相談所インフィニ 青山結婚予備校 代表取締役

数々のメディアに取り上げられる今話題のカリスマカウンセラー!!

10年以上業界の最前線で5000人以上の方々をカウンセリング。その経験の中、結婚の近道には「出会い」と「自分磨き」の両輪が必要だと感じ、全国80000人の出会いと各分野の専門講師による自分磨きを提供する青山結婚予備校を設立しメディアに評価されてます。

0120-980-836
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。