◆テーブルは丸か?四角か? - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

前川 知子
前川 知子
(インテリアデザイナー)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インテリアコンサルタントの石井純子です。
ライフオーガナイズからインテリアコーディネートまで、ステップに応じてアドバイスしています!



日曜日の夜と言えば、サザエさん。


波平の声を担当されていた永井一郎さんが亡くなられ、あのカツオを叱る声はもう聞けなくなってしまうのですね。


サザエさん一家の食事風景を思い出すと、丸い座卓に皆が集まっての食事シーンが出てきます。


(冬は四角いこたつですが)



先日、お客様との話の中で、いつ頃から日本のテーブルは四角くなったのか?と話題になりました。



もちろん、昔は丸くて、今は四角い、ということではありません。



座卓のイメージは丸。


ダイニングテーブルのイメージは四角。



そんな話から発展したのです。


丸いテーブルのメリットは、座った人の視線が同じところに集まること。


逆に配置しにくいというデメリットもあります。


そして、丸いテーブルの場合は、一人一人の領域があいまいになる分、気持ちも繋がりやすくなるのかもしれません。


どちらが良いか悪いかの判断は難しいですが、会話を楽しんだり、一体感を得るには丸いテーブルは有効ですね。





テーブル選びで迷っている方、丸いテーブルはいかがですか?



ライフオーガナイズに興味が出たら、こちら

 900名以上の方が学んでいます!

【自宅でライフオーガナイズが学べます】

いつからでも始められますよ!

<無料メール講座>

ライフオーガナイズ はじめの一歩


ライフオーガナイズを実践しましょう!
 お陰さまで好評です

「ライフオーガナイズ実践レッスン」

川越と表参道で学べます

詳細はこちらからどうぞ



ライフオーガナイザー2級認定講座
【表参道】

2014年2月14日(金) 残席わずか

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ


【川越】

2014年2月28日(金) 予定


ランキングに参加してます。
いつも、ありがとうございます。

 |  コラム一覧 |