家庭内のインフル・ノロ蔓延防止策 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家庭内のインフル・ノロ蔓延防止策

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

今の時期、インフルエンザノロ・ロタウィルスの感染が増加してますね。


ご家族の誰かが感染すると、家庭内で感染が広がり蔓延してしまうことが良くあります。


看病のときの接触以外は、部屋を隔離することが望ましく、換気方式にも工夫されると良いです。


たとえば、病人が寝ている部屋・空間の窓だけ少し開けると室内・屋外の温度差による重力換気(自然換気)が行われ、他の室内への流入を少なくすることができます。


他の部屋も窓を開けてしまうと、他の空間へ流れてしまうので気をつけたほうが良いですね。



基本的には、インフルエンザは飛まつ感染ですので、せきを直接浴びなければ大事に至りませんが、ノロやロタの場合は、嘔吐物や排泄物からの感染になりますので、介助時はゴム手袋やマスクにウィルス対策スプレーを噴霧し、短時間で処理できれば安心ですね。




ノロキラーS (瞬間消臭・強力除菌) 400mL/インターコスメ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)

休日の音楽(2016/12/04 00:12)

チャンピオンシップ決勝(2016/12/03 00:12)

続オーバーホール計画(2016/12/02 00:12)