患者さんの不満 - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
田原 洋樹
田原 洋樹
(人材育成コンサルタント)
佐野 由美子
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

共感問診力アップメディカルコーチの下枝三知与です。



最近会う人ごとに「病院へ行ってお医者さんに診てもらった時に、嫌だと思ったこと、ある?」と訊いてみました。



そうすると出るわ出るわ・・・



・「風邪だと思うんですけど・・・」と言ったとたんに、「あんたは医者なの?」とい

 われ、さらに「風邪かどうか決めるのは医者である私だ」と上から目線の声


・カルテやレントゲンをみたりして、全然自分と目線を合わせてくれない

 「話を聴いてくれている気がしなかった」


・さんざん待たされた挙句、診察時間はたったの5分。それで診断できるのか

 安になった


・女性なので触診が気になったが、ドクターは無神経なのか、扱いが雑で不愉

 快だった。           ・・・・・etc




こういう患者の心理、理解されていますか?



「嫌だ」「不愉快だ」「これでも医者か?」「この病院は信用できない」「他の病院に行こう」「ほかの人には絶対勧められない」



こういった気持ちを声に出して、病院にわかるように伝えてくれる患者には感謝しましょう!


普通は口にしないで、心にしまって他の病院に移っていくのですから。



口コミは、「悪いこと」の方が「良いこと」よりもあっという間に拡がるものですよ!



患者の心理をもっとお知りになりたい方は私へご連絡ください。

          ↓

 http://cst-team.com 共感問診力アップメディカルコーチ 下枝三知与

                 検索してください。