家族の病い - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
明石 久美
明石 久美
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年04月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

共感問診力アップメディカルコーチの下枝三知与です。



少し仕事がバタバタしていて、ブログをご無沙汰していました・・・<m(__)m>


今日の仕事でお会いした受講者の男性、何だか穏やかな中に少し陰がある方でした。



お話を伺うと7年前に小さな子供さんを残して、たった3ケ月で奥様が逝かれたそうです・・・


それから男手ひとつで子育てをして来られ、そのお子さんももうすぐ高校受験。やっと、これから自分の残りの人生を真剣に考えようかと、思えるようになったとおっしゃっていました。



とても穏やかに淡々とお話しされているのに、聴いている私の方がグッと来てしまい・・・



家族が病いにかかった時、誰もがショックで動転します。


もちろん病人が一番つらく苦しいのです。


病気になったことの辛さ、これから先の不安、家族への想い、家のこと・・・


しかし同時に家族も、もちろん心配で心配で・・・



医療の現場にいる皆さん、病人とその家族のこの想いに、しっかり心を寄せてくださいね。