利益の絶対値。 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
おはようございます。

あなたが、商品を買う理由。
あなたが、この人と、契約する理由。

その中に、価格、値段が入っていますよね、だいたい。



缶コーヒーだったら、120円、スタバだったら400円、とか。
缶コーヒーが400円だったら、買わないかもしれません。

価値と価格が一致するから。
もしくは、あなたが感じる価値よりも価格が安いから。

のどちらかです。

同じように、100万円の車と1,000万円の車。
移動できる、という点では、同じですが、その他の点でいろいろと違いますよね。
10倍分なのかどうなのか。

お客様の立場で言えば、機能は10倍ないかもしれませんが、満足度は10倍あるから買うんですよね。それがブランド、付加価値です。

そして、ビジネスとしては、原価が10倍としても、利益の絶対値は、1,000万円のほうが大きいです。

この利益=付加価値分をどうやってお客様に伝えるのか、もマーケティングの重要な要素です。
逆に、わかっていただけるかたを探しに行かないといけません。

安さを売りにしている限り、小資本では勝てません。
体力のある大資本に最終的に負けます。

小資本で勝てる方法。
もしくは、負けない、生き残れる方法。

それは、価値ある商品を作って、それを探している人を見つけて届けることです。

そのためには、価格以外の強い要素が絶対に必要なんですよね。
しかも、それを正しく伝えないといけません。

いつもダンケネディが言っている言葉。

価値を上げて、価格を上げよ。
この発想ができるようになると、ビジネスが変わってきます、よね。

また、書きます。

 |  コラム一覧 |