増税後の住宅建築検討・・。 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

杉浦 繁
Atelier繁建築設計事務所 代表
愛知県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

増税後の住宅建築検討・・。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般


駆け込み殺到 消費税増税!・・2





そんな消費税なのですが・・


本当に上がったら損なのか?

なんてことをいろいろなシンクタンクなんかが言い出しています。




住宅なんてまさに本当に今が得?

って思うのですが・・


ま、そんなん実際なってみなけりゃわかりゃしないのです。





ちょっと考えてみましょう。


仮に・・

一般的な年収の人が土地2000万円、建物2000万円の家を3500万借り入れて建てると考えてみましょう。

4000万円のマンションを買うでもかまいません。



まず消費税が5%から8%に上がります。

つまり4000万×3%で120万の支払いUPとなります。




ところが・・

「住宅ローン減税」があり住宅ローンの各年末残高4000万の1%が最大控除額これが200万から400万まで上げられることが決まっていますので・・

年収や期間や支払い条件によるのですが10年間で約300万程度は戻ってきます。


今まではは200万までですから100万得する。



さらには政府は「すまい給付金」を新設し、おおむね年収510万円以下の人に最高30万円を給付すると言っています。


ま、これは言ってるだけでやるのかやらないのかはまだわからないのですが・・



 


と、いうことは・・

住宅を建てる人で年収510万以下で住宅ローンを組んで建てる人ならば・・

消費税増税分よりも減税や補助金の方がはるかに高くなる。



4000万の家を消費税後に建てると・・

+120万-100万-30万で消費税増税前より10万安くなる。




びっくり!




と、ここまでがシンクタンクなどが一生懸命言っていることなのです。





ま・・

増税後の反動を考えるとそう言わざるを得ないことは確かにあるのでしょうし、反対に反動が来ないようにしなければならないので、そう誘導しているということでもあるのでしょう。


が、何がどうなっていくのかってことは、まだみんな未知数なので実際になってみなけりゃわかりゃしません。


すまい給付金などもやるのかやらないのか、実際いくらにするのかなんていまだわかりませんもん。




得になるか損になるかはあたるも八卦あたらぬも八卦・・

なようです。








Atelier繁建築設計事務所HP
http://ateliershigeru.com

よもやま建築日記~家づくりの現場から~
http://ameblo.jp/ateliershigeru/