相手の不安感 - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
田原 洋樹
田原 洋樹
(人材育成コンサルタント)
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

共感問診力アップトレーナーの下枝三知与です。



「人にはわかってもらえない・・・」そういう不安を抱えている人が、社会のあらゆるところにいます。



人の心にある「不安感」は、その人だけのもの


なかなか人には伝わりにくいものですね。



たとえば、人の痛みや不安を「聴く」「受け止める」ことから始まる医療現場では、当然その力が必要とされます。



当然そのレベルが高くなければ、自分の仕事にもかかわってきます。



もし、相手の不安感や痛みの、そのとらえ方を間違えたとしたら・・・?

そこで、治療や対応が、違ってきたら・・・?


どうなりますか?


ミスが起こる可能性が、とても高くなりますね。


そのリスクがとても高くなるわけです。




いかがですか?


リスクに対する対応は、あなたはできていますか?



人はミスをする生き物。


ミスは誰にでも起こります。



それを防ぐ方法はただ一つ!


「相手の不安感や痛み」を聴きだし、受けとめる力をつけることです。



自分で自分を判断しても、仕方ありません。


できているかできていないかを判断するのは、相手です。



人が自分の前から離れ始めたら・・・あなたの対応」は間違っているかもしれませんね。