「くやしい」 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。

昨日、一昨日の箱根駅伝をテレビで見ていました。

勝てる学校と勝てない学校。
目標を達成できる選手と達成できない選手。

分かれます。

みな、1月4日から1年間練習して、本番に備えています。
日々、競技のために人生をささげています。

でも、結果が違う。

しかも、約20キロも走って、数秒、もしくは数分の違い。
この違いをもたらす違いは、何でしょうか。

もちろん、練習方法、練習量、など、いろいろな要素が複雑に絡んでいると思います。

が、1番は、目標設定だと考えます。
監督が、どれだけ明確な目標設定ができていて、チームに浸透させているか。

「1秒を削り取る。」

たとえば、こうした分かりやすくてしかも本質的な言葉だと、伝わります。
そこから、ひとりひとりが考えて、自分のテーマに落とし込んで練習する。
そして、達成できなかった時、くやしい、という感情が湧いてくる。

このちょっとした違いの積み重ねが、1秒の違いを生みだすんですよね。

ビジネスでも、プロジェクトでも同じです。
いまどき、圧倒的な差は生まれにくい。

ちょっとした、いわゆる微妙な差が、勝敗を決めます。
バグが出るか、出ないか、も、同じです。
まあ、いいか、と思ったところを神様は見逃さないんですね。

このちょっとした差、を大切にしていきます。
積み重ねると、大きな差、決定的な差、になるから、です。

また、書きます。

 |  コラム一覧 |