東京地方裁判所商事研究会編『類型別 会社非訟』判例タイムズ社(2009年) - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年06月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東京地方裁判所商事研究会編『類型別 会社非訟』判例タイムズ社(2009年)

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般
相続
類型別会社非訟/判例タイムズ社
¥2,625 Amazon.co.jp


東京地方裁判所商事研究会編『類型別 会社非訟』判例タイムズ社(

取締役会の議事録閲覧請求や検査役選任請求などの会社法(特例有限会社を含む)に関する商事非訟事件のうち12種類の事件についての論点を整理したものである。申立書などの書式例も付いている。本文は約170頁。

参考文献と参考裁判例の指摘はあるが、解釈論が少ない。

第1章 取締役会議事録閲覧謄写許可申立事件

第2章 少数株主の株主総会招集許可申立事件

第2章では、裁判所により株主総会招集許可がされた後は、会社には総会招集権がないという記述があるが、理由付けがほとんどなく、疑問が残る。

今日は、上記書籍のうち、以下の部分を読みました。

第3章 仮役員等選任申立事件

34頁に、仮代表取締役の職務として、「取締役の選任」という記載があるが、正しくは、取締役の選任は株主総会の権限である。取締役の選任の議題・議案の提案、株主総会の招集・開催・議事運営などにとどまるというべきである。

2009年)