痛み - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
田原 洋樹
田原 洋樹
(人材育成コンサルタント)
佐野 由美子
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)
うえた さより
(マーケティングプランナー)
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

閲覧数順 2017年10月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

CSTコミュニケーションサポートチーム 下枝三知与です。



あなたは、病院に行ったことがありますか?


あるいは家族の付き添いで言ったことhありますか?



誰でも当然ありますよね~!(^^)!


実は私はこれまで3回の手術(骨折2回、捻挫は5回以上)をしています。

自慢ではないですけど…(*^_^*)


幸い、今のところ3回とも良性の腫瘍で終わっていますが、将来はやはり不安です・・・(それにガンの家系もありますし)



これまでの経験から感じることは、いろいろな病院があり、対応もそれぞれだということです。



それに何より「痛み」だけは誰にもわかってもらえないこと!!!


これだけは、声を大にして言いたいです!!!


たとえ家族でも、痛みだけはその人しか感じられないものですよね。



だからこそ、医療関係者に求められるものは「患者の思いを引き出す力」です。


特に医者は、その患者の身体の感覚を表現する「言葉」を材料にして、診断を下すわけですから。



ですから、問診というものは最重要視されるべきでしょう。



問診に時間をかけるドクターは、良いドクターですね!(^^)!