防犯診断してセキュリティホールをなくしましょう - 防犯対策全般 - 専門家プロファイル

ヘルプキーマン 三岡
ヘルプキーマン 代表
大阪府
防犯アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:防犯

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

防犯診断してセキュリティホールをなくしましょう

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 防犯
  3. 防犯対策全般

どうも、ヘルプキーマンです(´・ω・`)


以前のこと、一戸建ての開錠の依頼が入り行ってきました


玄関は、引き違い戸で真ん中におなじみ頑丈でスタンダードなPSSL09がついていて


戸先に内締りの戸先鎌錠がついている扉でした


PSSL09は最近替えたものだけど、戸先の内締り錠はかなり古いらしく


扉を閉めた時に勝手に閉まってしまったとのことでした


古い戸先鎌錠にはよくある症状なのですが、本体ケースの中の部品が


経年劣化により破損すると、扉を閉めた反動で勝手に鎌がかかってしまうことがあります


内締りは扉に穴をあけて破城しないと開けられませんが、その時は幸い握り玉のついた


勝手口があり、そこを開錠して事なきを得ました


ここで、考えたい問題が2つあります


一つ目は、引き違い戸の真ん中にPSSL09、右端に内締り鎌錠左は取っ手だけの扉


だったんですが、普通は内締りのついた右を固定して、取っ手だけの左扉を可動して


使うと思うんですが、逆になっていて


左の取っ手だけの方は、掛け金と針金で、内側から開かないように固定してありました


なので、内締りが壊れた時、開けようがなくなってしまいました


対処とすれば、可動側を内外錠にすればよかったかなとは思います


二つ目は、玄関は、PSSL09がついていて安心なのに、普段使っていなくて


出入りしないからという理由で、勝手口の握り玉は、ディスクのままだったこと


家人が普段使ってなくて、セキュリティの甘い出入り口があれば


それは、非常に危険だと思います


ご自宅に同じようなことが当てはまる方は、ぜひ参考にしてリスク回避をしていただきたいと思います





鍵交換・イモビライザー複製 は寝屋川の鍵屋ヘルプキーマン

http://www.help-keyman.com