「痛い」女のファッション - コラム - 専門家プロファイル

岡田 敏子
Smile Factory 
東京都
収納アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「痛い」女のファッション

- good

結婚や恋愛したいなら、

部屋をキレイにすることはもちろんですが

ファッションやメイクも大事な要素。


しかし、こだわりすぎると周囲から

「痛い」と思われてしまう事もあります。


「痛い」女のファッション

露出が多すぎ
若づくりしすぎ
個性的すぎ
いかにもブランド物
気を使わなさすぎ
アイテムは悪くないが似合っていない

など

年齢に合わない洋服は似合っていればいいけど、
大抵そうではないことが多いのも事実です。

一緒に歩くのがちょっと、というレベルになると
「痛い」というよりは

「女を捨てている」という感じになってしまう。


恋愛コラムニストの菊乃さんのブログに
モテない女の痛いところは
http://ameblo.jp/koakuma-mt/


鏡を見る回数も、周りを見る回数も少ない場合が多い。
と書いてありました。


さらに

外側のモノを変えると

気持ちも変わるのでこちらの方がずっと簡単。
相手がいることよりモノを変える方が失敗せずに簡単。

とも・・・!


高くても着ない服を捨てる。
どうでもいい服を捨てる。
古い化粧品を捨てる。
ホテルのアメニティグッズや試供品を捨てる。
全身が映る鏡を買う。
自分を客観的にみる。
人に意見を聞く。


クローゼットの中に服が溢れていて、脱ぎっぱなし、

出しっぱなしの服が床の上やソファや椅子の上にかけて

山になっている。


痛いファッションやメイクで、

モテないと文句を言うのは単なる言い訳です。


せっかく顔立ちや体型がよくても、
それを活かせないのは「残念な女」

宝の持ち腐れです。


「残念」な女のファッション

メイクはうまいけれど、化粧ポーチが汚い。
バックはブランド物だけど、中身がぐちゃぐちゃ。
メインバックを付録バックにしない。
洋服は安っぽいフリフリの服か黒っぽい服ばかり着ている。
肌が荒れていて、生活がだらしなさそう。


好感を持ってもらうには、まずは外見も大事。
美魔女と呼ばれる方も若作りしている人ばかりでもない。

同性にも異性にも好感を持ってもらうには、

まずは外見も大事。
婚活中の方、恋人募集中の方は、

一度ワードローブを見直してみては?


女子力や○○力に磨きをかけるより

はるかに役立つと思います。



-----------
年末駆け込み捨活トレーニング
-----------

▼捨活トレーニングを始めてみたい方
▼今年中に部屋を片付けたい方
まずは、捨活トレーニングの内容を聞いてみたい方

お問い合わせ・お申し込みはこちらから
03-6312-4355 (受付時間: 平日9:30~19:00)
http://form.os7.biz/f/250e9b4b