頭の中でデザインする空間創造力。 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

杉浦 繁
Atelier繁建築設計事務所 代表
愛知県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

頭の中でデザインする空間創造力。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般


空間認識能力・・3




建築デザインというのは・・


空間や形をデザインすることです。

それはつまり頭の中で想像し創造することです。




人が住む場所などを壁や天井や床で仕切ってどんな空間にするかを考え・・

建物の形を壁や屋根でどんな形にするのかを考え・・

それを作るための図面にそれをどんな形なのか表現し・・


実際にその空間や形を大工さん達に作ってもらいます。




なので・・


建築家は空間認識能力を使って頭の中で空間や形を作ります。




空間認識能力がなければ出来ません。


頭の中に3Dがイメージ出来なければ空間など考えられない。




若い頃は、この能力を磨くために訓練や修行をします。


平面図と南側立面図を見ただけで西や東や北側の立面がどうなるのか描かなければなりません。

今、右側がこう見えている物が左側から見るとどう見えるのかがわからなければいけません。

平面図と断面図を見ただけで室内の展開図や天井伏図を描かなければなりません。

断面でこう見えている物が下から見るとどう見えるのかがわからなければなりません。



真っ平らな四角なら見るまでもない・・


描く必要などないのですが。




どんな形なのかを頭の中でイメージし・・

理解し・・

描く。



それが出来てはじめて今度はその上が出来るようになります。





頭の中にイメージし・・


どんな空間にするかを頭の中でデザインする。



つまり空間創造力・・


それが建築デザインです。





陶芸とか工業デザインとか彫刻とかだとわかりやすいんでしょうけど・・

実際に一度その形を作ってみればいい。


見ながら作れます。




建築はそういうわけにいかないんですよ・・

いっぺん作ってみて考えよ!とか出来ない。



あるとすれば・・


模型とか3DCGとかなんですけど・・




考えるたびに模型なんて作ってたら・・

何十個模型作っても足りません。




模型とか3DCGなんてのは頭の中で出来てる形を表現して見る人にわかってもらうための物で・・


考えるための物ではないんです。





いやはや・・


なんか大げさな話になっちゃったなあ・・









Atelier繁建築設計事務所HP

http://homepage3.nifty.com/ateliershigeru/

よもやま建築日記~家づくりの現場から~

http://ameblo.jp/ateliershigeru/